トランプ大統領が超ビッグマウス エリザベス女王に関する発言で物議 米

この記事をシェアする
(画像:『Instagram』realdonaldtrump)
(画像:『Instagram』realdonaldtrump)

またしても、アメリカのドナルド・トランプ大統領が超ビッグな発言で物議を醸している。



このほどトランプ大統領が『Fox & Friends』のインタビューに応じ、英エリザベス女王との対面を経ての感想をこう語った。

「そりゃもう、素晴らしい関係が築けたよ。私も女王も声を上げて笑い、実に楽しいひと時を過ごせたのさ。」
「女王の関係者には、こう言われたんだ。この25年間で、女王が何より楽しんだのが私と過ごした時間だったとね。」
「でも、関係が良いことまで(多くの人達に)批判されてしまったんだ。この私がね。私達があまりにも楽しいひと時を過ごしたからだ。」
「まあ、そんな批判など気にもしないね。なぜなら女王とは素晴らしい関係だし、チャールズ皇太子とも非常に仲が良いんだから。正直な話、海外の多くのリーダーたちと私はものすごく仲が良いんだ。」

ちなみにエリザベス女王側からはそのようなコメントはなく、真相は不明のまま。しかしトランプ大統領については英王室が絡む興味深い事実がいくつかある。たとえばチャールズ皇太子がダイアナ妃と離婚した後、大統領は花をダイアナ妃に贈るなどし積極的にアプローチしたものの相手にされなかったのは有名な話。またメーガン妃は以前から大統領を嫌っており、それを知った大統領は気分を害し「メーガン妃は不愉快」とバッサリ。大統領を丁寧にもてなした女王だが、「ここ25年で最も楽しい時間を過ごした」というのは大統領の勘違いの可能性も高そうだ。



参照:『METRO』Donald Trump says meeting him was most fun Queen Elizabeth’s had since 1994

画像:『Instagram』realdonaldtrump

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
トランプ大統領、バッキンガム宮殿の晩餐会でエリザベス女王の背に手を回す仰天行為
ドナルド・トランプ大統領、やっぱりボケた? 「月は火星の一部」
仏マクロン&米トランプ両大統領で植樹した「友好の木」が死ぬ 関係さらに険悪化?
ドナルド・トランプ大統領 メーガン妃につき「不愉快」とバッサリ
エリザベス女王の面白い事実を厳選 TOP 10を一挙ご紹介