「ドナーになり白血病の父を救いたい」 1日5食で体重50kgを目指す11歳男児 中国

この記事をシェアする
画像: 『Oddity Central』11-Year-Old Boy Eats Five Times a Day to Gain Weight And Save His Father’s Life
画像:
『Oddity Central』11-Year-Old Boy Eats Five Times a Day to Gain Weight And Save His Father’s Life

間もなく父の日。父を想う息子の温かく思いやりあふれる話題をお届けしてみたい。白血病の父親をなんとか救いたいという11歳の息子は…!?



中国・河南省の新郷市に暮らすLi Jingeさん。「夫は7年前に白血病と診断されて薬物による治療に頼っていましたが、昨年8月に急激に容体が悪化しました」とメディアの取材に不安そうに話す。今の夫にとって、寛解を目指せる唯一の治療方法は造血幹細胞移植だけだそうだ。

骨髄の移植には白血球HLA型が一致するドナーをまず探すことになる。すると当時10歳であった1人息子のLu Zikuan君だけ型が一致した。ところが医師は「安全のためドナーは体重が45kg以上、理想は50kg以上が条件となる。そのため30.0kgしかないZikuan君をドナーと認めることは難しい」と告げたという。

どうしても父親の命を助けたいと必死なZikuan君は、1日5食、大量のご飯を食べ続けてなんとか目標体重の45kgに。Jingeさんは食料品店で働いており、連日のように閉店前に安くなる見切り品を大量に購入して頑張っている。あと5kgあればZikuan君に骨髄移植のGOサインが出る見込みだ。

医療費も大変な負担となっているなか、食費もかさんでいる今のLu家。そんな一家の苦しみを知ってか、Zikuan君が通う学校では募金活動が行われ、地域が一丸となってこの少年の父親の命を救おうと心を寄せている状況だ。また、一時期は「pangzi(デブ)」と呼ばれていたZikuan君。事情を知った友人たちはとても反省しているという。

骨髄移植手術が成功して父親の容態が快方に向かい、そしてZikuan君が元の体重に戻り、元気に走り回れる日が1日も来るよう祈らずにはいられない。



参照および画像引用:
Oddity Central』11-Year-Old Boy Eats Five Times a Day to Gain Weight And Save His Father’s Life

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
オリビア・ニュートン=ジョン 3度目のガン闘病中も「大丈夫、元気よ」
母親は民間代替療法に傾倒 見るに見かねた警察官が白血病の3歳児を連れ去り病院へ 米
19歳新米ママの切なすぎる死 早産でわが子を亡くした3か月後に白血病で天国へ
マイケル・ダグラスが舌の癌を「喉頭癌」と公表した理由
シャナン・ドハーティー 乳がん闘病を経た今「前より良い女優になれた」