タクシー運転手、心臓発作を装い乗車拒否 演技を絶賛されるも解雇 豪

この記事をシェアする
画像:『METRO』Taxi driver faked heart attack to avoid taking fare for short journey(Picture: 9news)
画像:『METRO』Taxi driver faked heart attack to avoid taking fare for short journey(Picture: 9news)

タクシーから「客はいないか」と外を眺めていたところ、女性客が近づき「よし、仕事だ!」と喜んだある運転手。しかし女性から聞いた目的地が近すぎてすっかりやる気をなくした運転手は、まずは距離をごまかそうと画策 - それがばれるなり、心臓発作を起こしたふりをして女性を驚かせた。



このほどシドニー国際空港にてある女性がタクシーに近づき、空港から約10キロ離れた場所へ連れて行って欲しいと運転手に伝えた。この時、運転手はあまりの近さに「これじゃ金にならん」と働く意欲を喪失。それでも一度は気を取り直し、メーターが正常に機能せぬよう突然オフにしたという。おそらくはぼったくろうとしたのだろうが、それを女性に指摘されるなり「うう、体調が悪い」「こんな状態で運転し事故でも起こしてしまったらどうするんです?」と呻き、そのまま胸を押さえ膝をついたという。

その様子を撮影していた客は、「この演技力があればアカデミー賞もゲットできるでしょうね」と呆れるばかりだったとのこと。この一件がバレたせいで、運転手はタクシー会社を即解雇されたという。会社側は運転手の愚行に呆れると同時に演技力には驚いたもようで、メディアに以下のようにコメントしている。

「あの人は、演技の仕事をすればいいと思います。タクシー運転手の仕事は、もう将来的にも無理でしょう。」

タクシー業界は干されたも同然の運転手だが、ハリウッドから声がかかる可能性もゼロではない…? 



参照および画像引用:『METRO』Taxi driver faked heart attack to avoid taking fare for short journey(Picture: 9news)

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
元タクシー運転手、棒で顔面を殴られ眼球破裂 片目失明でほぼ寝たきりに
タランティーノ監督、自宅への侵入者らを追い払う 仰天“爆裂おじさん”の過去
スクールバス運転手、横転すれすれの超危険運転 「泥酔じゃない」「ドーナツを食い腹が痛かった」と主張
リンジー・ローハンのステップマザー バス運転手にキレた挙句、運転しようとして逮捕
吸い終わったタバコを窓からポイ捨てした運転手 風で荷台に飛び込み炎上