2019年最新版『世界の安全な都市TOP10ランキング』栄えある1位はやっぱり…!?

この記事をシェアする

3位 トロント(カナダ)

トロントは特にサイバー犯罪や凶悪事件への対策といったセキュリティー面、そして各種インフラ整備、食の安全面などについて特に力が入っており、これがカナダの中で高い評価を得ている理由です。病院は24時間体制で医者は常駐、最新の医療機器も全て揃っており、低所得者の人々にも医療を提供できるように医療費は安く設定されています。またトロントは主要道路に加えて高速道路、バイパス、鉄道や空港など設備はどれも完璧だそうです。

2位 チューリッヒ(スイス)

チューリッヒは食の豊かさ、充実したヘルスケア、完璧なインフラ設備が自慢で、豊かな自然がおりなす美しい景色、それに近代的なビルの合間に17世紀に建てられた歴史的建造物が残る、そんな街並みが本当に素晴らしい都市です。観光地としても高い人気を誇っているのも十分に頷けます。特に人々が口にする食べ物については、環境、健康、科学といった複数の分野の政府組織が強く関わっており、食料品や加工システムの研究や開発を民間組織に任せないという姿勢を貫いているようです。

またチューリッヒは、美しい環境の維持が人々の健康を守り、それが健やかな街づくりの基礎だと捉えている様子で、環境面の管理や整備にも力が入っています。保健衛生面では各種感染症対策もばっちりだそうです。



1位 東京(日本)

気になる1位はなんと日本の東京でした! 各業界が最先端テクノロジーの開発と発展に努めてきたことを世界はやはり注目、評価しています。そして教育や医療機関の充実や完璧な設備、美味しい食べ物の存在も忘れてはなりません。インフラも万全という今の東京は、電車・バス・飛行機・車などあらゆる交通機関を利用して病院、教育施設、職場その他にスムーズに向かうことができると評価されています。とはいえ人口過密の問題は東京の人たちをウンザリとさせています。どこへ出かけるにせよ、あまりにも混み過ぎていると思いませんか?

こうしてみると、やはり物価の高い国がトップ10に選ばれていることに気づきますが、1位の東京は、一部の土地をのぞいてロンドンやニューヨークに比べれば物価がそんなに高いようにも思えません。また世界の大都市に比べると東京の犯罪件数は極めて少ないです。昼間でも女性が1人で出歩くことは危険という国があることを考えると、東京の治安の良さはやはり世界屈指、誇るべきものです。

ところで、東京の治安の良さの理由としてあげられたのが「住民の警察への協力」でした。日本では、小学生が登下校する中で危険な箇所にPTAやボランティアの皆さんが立ち、子供たちを危険から守ったりしています。不審者や危険な状況を感じたら、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、一般商店、民家に助けを求められる「こども110番」のシステムもあります。これこそが日本人ならではの気配り、優しさなのでしょう。

ここまで日本を持ち上げてしまうと、では夏休みは国内にいた方が…となってしまいそうです。それでも日本では味わえない解放感と非日常感は、やはり海外旅行ならではのもの。雄大な景色と避暑を目当てにスイス旅行でも…なんて素敵ですね!



参照:『TripGoWild』Top 10 Safest Cities In The World 2019

画像:『Instagram』visitjapanjp

(佐藤めぐみ/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
インテリアに客も仰天 絶対にソーセージが食べたくなるドイツで評判の肉屋直営ホテル 
アジア初、台湾が同性婚を認める LGBTコミュニティは「大きな勝利」
この衣装でも勝ち進んだミス・ワールド・シンガポール代表 ヴァネッサ・ペーさんが素晴らしい!
<スイス>CGでもフェイクでもない実在のペット この子は一体ナニ者…!?
20年前に盗まれたピカソ作品 オランダの美術品捜索専門家が回収に成功