悪質YouTuber、歯磨き粉を挟んだクッキーをホームレスに与え「歯にも良い」 最悪と叩かれ罰則も スペイン

この記事をシェアする
クッキーを使っての悪質な行為が問題に!(画像はイメージです)
クッキーを使っての悪質な行為が問題に!(画像はイメージです)

視聴回数を増やしたい - そのためであれば人として許されぬことまでする非常識なYouTuber達が、世間を騒がせている。



世界中のメディアに批判されているのは、中国生まれスペイン育ちのレン(Kanguhua Ren)なる元人気YouTuberである。この男は2017年1月にある動画をYouTubeにアップ - その中で人気クッキーのバニラクリームを除去し代わりに歯磨き粉をベッタリと塗り、「偽・クリームサンドクッキー」と少しのお金をホームレス男性に手渡す計画を立てたのだ。

レンはこのイタズラにずいぶん自信があったらしく、このように話していたのである。

「明るい考え方をしてみろよ。このクッキーのおかげで、あいつの歯も清潔になるじゃん? 」
「あいつ、貧乏人になってからは歯も磨いていないだろうしな。」

その後、この歯磨き粉クッキーを渡されたホームレス男性はお腹を減らせていたのか迷わずパクリ。しかしあまりのまずさに体調を崩し、嘔吐してしまったという。この動画の公開後に「人でなし!」と多くのフォロワーに批判されたレンは、その後同じホームレス男性に会いに行きお金を握らせたとのこと。さらには男性の娘にもお金を渡し、訴えないでほしいと根回しまでしたという。

問題となった悪質な動画につき、バルセロナの裁判所は「面白くもなんともない」とバッサリ。「弱い人を狙った悪質動画をアップしたことは以前にもあった」として、レンに「15年の実刑が相応しい」と言い渡した。しかし「初犯であることから実際に投獄されることはないだろう」と海外メディアは報じているが、今後数年はYouTubeへの動画アップも禁止されているのだそう。また被害を受けたホームレス男性に対しては、賠償金を支払うよう言い渡されている。



参照:『Fox News』YouTube star who gave toothpaste-filled Oreo to homeless man gets 15-month jail sentence

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
超悪質YouTuber、闘病中の夫を支える女性にイタズラ 「CEOの権限で解雇します」
ビーガンYouTuber、魚料理を食べたとみられる動画流出で謝罪も批判の嵐
<動画>超激ヤセYouTuberに死亡説 否定するも「SNSは休み治療を受けます」
ジャスティン・ビーバー、15歳のYouTuberに「車、燃やしちまえ」とコメントし釈明
ざまあみろ…!? お騒がせYouTuberローガン・ポールが道端ジェシカ似の美人女優と破局