ダニエル・クレイグ新『007』撮影中に滑落で足首に大けが 手術後はリハビリも

この記事をシェアする
赤ちゃんはパパであるダニエルにソックリ。
画像:『Instagram』#danielcraig

『ボヘミアン・ラプソディ』で一躍有名になったラミ・マレックが出演することでも話題の、007シリーズ最新作は2020年公開予定の『Bond 25(原題)』。少し前にこちらで、主演のダニエル・クレイグがそもそも乗り気ではなかったせいか、どうも撮影の進行がもたついているという話題をお伝えしていた。そのクレイグが大けがをしたもようだ。



英メディア『The Guardian』が報じたところによれば、俳優ダニエル・クレイグが負傷したのはジャマイカで、撮影中に滑落するアクシデントに見舞われたもよう。負傷した場所は足首で、搬送先のアメリカの病院で簡単な手術を受けたが、その後にリハビリが必要であることから少なくとも2週間は撮影の仕事には戻れないという。

「James Bond@007」として公式アカウントを展開している各ソーシャルメディアには、このニュースが自ら発表されている。クレイグには怪我が完全に治るまでしっかり休養を取ってもらう一方で、他のキャストのみのシーンは翌日からまた撮影が進められているという。2020年4月公開の予定にも変わりはないようだ。



参照:『Ther Guardian』Daniel Craig to have surgery on ankle injured while filming Bond 25

画像:『Instagram』#danielcraig

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
新ボンドガールのアナ・デ・アルムスは大胆演技の共演者キラー まさかD・クレイグも!? 
『007』新作撮影進まず 脚本が仕上がらずダニエル・クレイグの不満を心配する声も
レイチェル・ワイズ48歳 今年生まれた赤ちゃんは「夫ダニエル・クレイグそっくり」
マイケル・ジャクソン 『007』ジェームズ・ボンドを演じる事を熱望した過去
ダニエル・クレイグ(50)に娘が誕生! 妻レイチェル・ワイズ(48)高齢も2度目の出産