米 水族館に美しすぎるタツノオトシゴがお目見え! カラフルな海藻のように舞う

この記事をシェアする
画像:『Facebook』Birch Aquarium at Scripps(Photo:)

南カリフォルニアのある水族館にこのほど新しくお目見えしたタツノオトシゴが、あまりにも美しいとして大きな注目を集めている。美しい海藻がヒラヒラと舞うようにも見え、早くもその水族館の名物となっているそうだ。



この素敵な話題を提供してくれたのは、カリフォルニア州サンディエゴにある「スクリップス海洋学会バーチ水族館(Birch Aquarium at Scripps Institution of Oceanography)」。注目のタツノオトシゴは、“リーフィー・シードラゴン(Leafy Seadragons)”と呼ばれる一種で、海藻のように見えるヒラヒラに囲まれていることが特徴である。

この水族館を訪れたスティーヴン・コーワル(Steven Kowal)さんは、『Dayton News Daily』の取材に「この感覚が何というかすごくクレイジーだね。海藻が動いて泳ぐなんてカッコいいよ。こんなの見たことない」などと興奮気味に話している。静かにしているとその水槽は海藻を展示しているようにしか見えず、それがいきなり動き出すためだ。

また同水族館の主任学芸員であるレスリー・マツシゲ(Leslee Matsushige)さんは、「彼らはこの世の生き物ではなく、どこか外からやってきたようにも見えます」と話す。見学者がその動きに驚いて「え、何なのコレ!?」「生きているのか!」「ワオ、すごくクレイジーね」などと歓喜の声をあげるのを聞くのが楽しみでならない様子だ。

このタツノオトシゴが生息するのはオーストラリアだが、ゴミや産業廃棄物による海洋汚染、地球温暖化による水温上昇、そして密漁による違法取引により、ますますその数は減る一方だという。



参照および画像引用:『Facebook』Birch Aquarium at Scripps

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ミステリアスな毛深さ 見たこともない巨大な海洋生物の死骸がロシアの浜辺に
【閲覧注意】人間のような歯を持つ魚が海岸に 発見した母子が仰天 米
新種のクラゲかそれともホヤか 珍しい透明な生き物をインド洋東部ジャワ海溝で発見
超ミステリアスな海の軟体生物「パイソローム」 NZ沖でダイバーが遭遇
こんなにも美しいナマコがいた! 「ユメナマコ」南大西洋の深海で発見される!