ジョニー・デップ DV被害を主張の憎き元妻アンバーにつき「アザはメイク」

この記事をシェアする
(画像:『Instagram』blackmassmovie)
(画像:『Instagram』blackmassmovie)

美人女優アンバー・ハード(33)と2015年に結婚するも、翌年には離婚を申請されてしまったジョニー・デップ(55)。その際にアンバーは「心身ともに虐待を受けてきた」と主張し接近禁止命令を求め、DV男のレッテルを貼られたジョニーはひどいイメージダウンに苦しんだとされている。



しかし周辺から飛び出したのは「人に暴力をふるうような人間ではない」というジョニーを擁護する発言がほとんどで、ジョニーとアンバーが暮らしていた建物のスタッフからも「アザなどは見たことはない」という証言がいくつも浮上 - それでもアンバーはDV被害者との主張を翻さず『ワシントン・ポスト』に寄稿し、DV被害者であると公表した後の苦境などを書き綴り世間を騒がせた。これに激怒したジョニーが名誉を棄損されたとしてアンバーを提訴し50億円超を求めているが、その中でアンバーの「顔のアザ」につき、こう主張していることが分かった。

「そもそもDVについては全てデッチあげで、それは(離婚を申請された)2016年5月から変わらず申し上げていることです。」
「アンバーさんは一時的な接近禁止命令を求めるべく法廷に行きましたが、あの時に顔にあったアザは、自分で色をつけて殴られたように見せたものです。その前の週に撮られた監視ビデオの映像、そして彼女を見た人々の証言からも、あのようなアザがなかったことは明らかです。」
「私は死ぬまでDVに関するアンバーさんの主張を否定し続けます。私はアンバーさんを殴ったことなどありません。女性に暴力をふるったことなど一度もないのです。」

なおアンバーはジョニーの酒癖の悪さを指摘し、「酒に酔ったジョニーさんは、自らの行いさえ覚えていないこともあったのです」と主張している。この元夫婦の争いは、決着までまだまだ時間を要しそうだ。



参照:『METRO』Johnny Depp accuses Amber Heard of ‘painting on’ her bruises as he sues for $50 million

画像:『Instagram』blackmassmovie

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジョニー・デップに新恋人か 噂のお相手はロシア出身の妖艶美女
ジョニー・デップ、DV騒動で離婚したアンバー・ハードを提訴 50億円超を求める
ジョニー・デップ、初めて会った夫妻の結婚記念日を祝福 神対応が話題に!
ジョニー・デップの娘リリー=ローズ・デップ、驚くほど美しく成長
アンバー・ハード「ジョニデには“モンスター”なる別人格があった」