鶏皮フライド・チキンに舌鼓 KFCの新人気メニューに インドネシア

この記事をシェアする
画像:『COCONUTS JAKARTA』KFC Indonesia now serves fried chicken skin for your enjoyment (or gluttony)(Photo:Twitter/@KFCINDONESIA)

KFCがとにかく好きで、ロクでもないウソをつきながら1年にわたり毎日タダでフライドチキンを食べていた狡猾な男子学生の話題を昨日お伝えしたが、本日は、その男が思わず再犯におよぶのではないかと心配になってしまうような話題をご紹介したい。誰もが好きな、あの鶏皮で新しいフライドチキンが出来たというのだ。



世界中のKFCファンが待っているかもしれないこの商品は、ズバリ鶏皮のフライドチキン。11日にインドネシア・ジャカルタのいくつかの店舗でお目見えした、日本円にして140円ちょっとというこの新メニューが大変な話題になっているようだ。

KFCインドネシアがソーシャルメディアを通じて発表した通り、鶏皮のフライドチキンはジャカルタのM.T. ハリョノ店、サレンバ店、シデン店、クマン店、クラパ・ガディン店、カリマラン店という6つの店舗のみで提供されているもよう。どこでも長い列ができ、カリマラン店では売り切れ完売となってしまうという。

鶏肉の生産や加工が盛んなアジアでデビューしたのもうなずけるこの話題。情報を聞きつけたインドネシア各地の人々から、「自分の町の店でも是非」との要望や問い合わせがKFCに舞い込んでいるもようだが、ほかの店舗にも拡大されるかどうか発表はまだない。

ただしその新メニューを実際に食べた客からは、Twitterなどに「あまりにも塩味が濃い」「小さいし、ちょっと値段が高いかな」「まだ改良が必要」という厳しい声も書き込まれているもよう。中には「動脈硬化が心配。コレステロールのことを考えたらとても手が出ない」という健康志向の書き込みもあるようだ。

この鶏皮のフライドチキン、もしも日本のKFCでも提供されるようになったらアナタは飛びつくであろうか。イエスという方は、日本のKFC本部に「是非こちらでも」との要望を出してみるとよいのかもしれない。



参照および画像引用:『COCONUTS JAKARTA』KFC Indonesia now serves fried chicken skin for your enjoyment (or gluttony)(Photo:Twitter/@KFCINDONESIA)

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
KFCが好きすぎた? 1年間も毎日タダで食べまくった学生の手口が話題に 南ア
米男性バーガーキングで1000円購入もカード請求額は12万円 レシートを確認することの重要性
<英>「フライドポテトの量が少ないんです」 呆れた腹ペコ男が警官に救いを求める
KFCが好きすぎた? 1年間も毎日タダで食べまくった学生の手口が話題に 南ア
名付けて「ミュータント・ポテト」 重さ8kg、人の足そのまんまのジャガイモが話題に