2年間も養女を繰り返し襲った男 牧師だからという理由で刑期はたった12年 米

この記事をシェアする
(Picture: Knox County Shefiff’s Office)
(Picture: Knox County Shefiff’s Office)

子ども時代に大人、とりわけ家族に性的虐待を加えられることほど辛く耐え難いことも、そうはないであろう。このほど話題になっているのはテネシー州ノックス郡にてデヴィッド・リチャーズ(41)なる牧師に下された12年の実刑判決で、あまりにも短いとして怒りの声があがっている。



本来であれば死ぬまで獄中生活になってもおかしくはなかったリチャーズは、牧師として働く一方で家庭に戻ると鬼畜に。この男は大切に育てるべきであった養女アンバーさんを、彼女が14歳になった頃から2年ものあいだ強姦していたという。

近親相姦、強姦、性的暴行 - これらにより有罪判決を受けたリチャーズに判事は12年の実刑を言い渡し、あまりにも寛大な判決を下した理由として以下の点に言及した。

■ 牧師として、しっかり働いていた
■ 拘束されてもなお聖書の学習時間を設けるなどしていた

つまり「立派な聖職者」であったために刑が軽くなったというありえない展開を、海外メディアも批判的に伝えている。

ちなみに被害を受けたアンバーさんは、リチャーズにつきこのようにコメントしている。

「自分の体を『捨ててしまいたい』と願っていました。今でもそう思わない日は1日もありません。あの男が私にした事を思い出してしまうのです。」
「機会さえあれば、あの男は他の少女をも襲うでしょう。私はそう信じています。」

ちなみにリチャーズの犯行につき通報したのはアンバーさんで、捜査の段階でアンバーさんの寝室からリチャーズの精液などが採取されたとのこと。しかしリチャーズは犯行を否認し、裁判のやり直しを求めているという。



参照および画像引用:『METRO』Pastor who raped daughter, 14, gets light prison sentence because he is a man of God(Picture: Knox County Shefiff’s Office)

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
誘拐・9か月の監禁・性的虐待から生還した元少女 前向きな生き方を語る
マドンナ、性的虐待疑惑の故マイケル・ジャクソンを擁護 「まるで集団リンチ」
ロージー・オドネルに悲惨な過去 「実父に性的虐待を加えられていた」
元子役 M・ジャクソンの性的虐待疑惑に焦点あてるドキュメンタリーをみて「もう擁護は無理」
人気YouTuberオースティン・ジョーンズに懲役10年の実刑判決 児ポ法違反で 米