ウィリアム王子、ヘンリー王子の息子に「まだ会っていません」 新米ママの本音は? 英国

この記事をシェアする
(画像:『Instagram』kensingtonroyal)
(画像:『Instagram』kensingtonroyal)

5月6日に、第一子となる男の子を出産したメーガン妃。ヘンリー王子もパパデビューを大変喜んでいるが、王子と仲が良かった兄ウィリアム王子、そしてウィリアム王子の妻キャサリン妃は、まだ赤ちゃんとの対面は果たしていない。



このほどウィリアム王子夫妻がマイクを向けられ、弟ヘンリー王子の子が誕生したことにつきこう語った。

「ものすごくワクワクしています。数日中に弟たちに会うのがとても楽しみです。」
「弟も、(赤ちゃんのお世話で)眠れない生活になりますね。それが親になるということです。」

これを受け「まだ会っていないとは!」と現地メディアも大々的に報じているが、実際にはこれくらい距離を置くのが産後の女性にとっては一番有難いというのが本音であろう。産後は多くの女性がいわゆるガルガル期に突入 - 「とりわけ義理の家族(特に姑や義理の姉妹)には会いたくない」「ワガママなのは百も承知だがどうしようもない」という女性は多いのである。しかも最近ではウィリアム王子とヘンリー王子の不仲も囁かれていることから、メーガン妃の産後だからといってすぐに駆けつけなくても不思議ではない。

ちなみに兄弟の不仲説浮上の発端であるが、複数メディアは「ウィリアム王子がメーガン妃とヘンリー王子の関係につき心配していたから」とほぼ断定的に伝えてきた。王室につき執筆を続けてきたケイティさん(Katie Nicholl)も、英メディアにこう話している。

「ウィリアム王子はすごく心配していたのです。(婚約を前に)ヘンリー王子がメーガン妃との件を急ぎ過ぎているとね。ヘンリー王子にそうハッキリ言えるのは兄であるウィリアム王子だけですから、王子はこう伝えたのです。『あまりにも展開がはやいけど、本当に(彼女しかいないと)確信しているのかい?』と。」
当然、兄としての情があってのアドバイスだったのです。でもそれが、ヘンリー王子を怒らせてしまいました。

王族といえど、家族なのだ。兄弟・姉妹であろうが「嫌いだ」「距離を置きたい」と思うケースは少なくない。また共に家族ができた今、独身時代のようにベッタリな関係が続くほうが少々不自然である。



参照:『METRO』Prince William admits he hasn’t visited his new nephew yet

画像:『Instagram』kensingtonroyal

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ヘンリー王子とメーガン妃に第一子(男児)が誕生
ヘンリー王子&ウィリアム王子の確執報道 事の発端を考察
故ダイアナ妃、事故発生後レスキューにあたった人物が明かす「最期の言葉」
メーガン妃の超キュートな写真を女優が公開 ほぼ別人状態で物議
メーガン妃の父 ヘンリー王子との電話でキレる 「俺なんか死んだ方が…」