人気YouTuberオースティン・ジョーンズに懲役10年の実刑判決 児ポ法違反で 米

この記事をシェアする
画像:YouTube -  
Austin Jones『Setting The Record Straight』のサムネイル
画像:YouTube - 
Austin Jones『Setting The Record Straight』のサムネイル

人気ユーチューバーで歌手としても活動していたオースティン・ジョーンズが、予想通りついに刑務所へ投獄された。女子中学生ファンを利用し、児童ポルノ法違反の行為を繰り返していたジョーンズには予想以上に重い量刑が言い渡されたようだ。



こちらでも今年2月にお伝えしていたが、2015年、女子中学生のファンにトゥワーク(腰を激しく振る)する動画を撮影して送るよう指示したとして、世間から強い批判を浴びたオースティン・ジョーンズ。お得意のYouTube動画でその釈明すら図ったが、2017年に空港で逮捕され、児童ポルノ法違反の容疑で起訴されていた。

罪状は複数にわたり、うち一件につき有罪答弁を済ませたジョーンズについて、メディアは「懲役最低5年、最長で20年の実刑判決が下るのではないか」と書き立てたが、動画に起用するモデルを選考したいとして、トゥワークよりも過激な動画を要求していたこともわかってきた。被害者少女は6名もおり、このほどイリノイ州シカゴの裁判所はジョーンズに懲役10年の実刑判決を下し、その身柄は刑務所へと送られた。

法廷では弁護士がジョーンズに代わり、「2015年の騒動勃発後に被告は被害者少女らにきちんと謝罪している。被告自身、6~10歳にかけて父親による肉体的・精神的虐待にあっていた。世間から強い批判を浴びて精神錯乱を起こし、自殺願望を募らせるなど被告は精神面での深刻なトラブルを抱えている」とも訴えていた。

しかし判事は、そうした訴えを重視することはしなかった。注目を集めるのが好き、目立ちたがり屋で派手に騒ぐのが好き、後先をよく考えないで衝動的かつ突発的な行動をとってしまう、そしてまずい状態に陥れば精神錯乱や自殺未遂などを起こして問題をチャラにしてもらおうとする ― このあたりは双極性障害や何らかの人格障害が強く疑われるが、いずれにせよ児童ポルノ法違反行為に対する罰に加え、ジョーンズのそうした軽率さや愚かさを10年の服役により鍛え直す必要を感じ取ったのであろう。

もっとも、ジョーンズの性格を考えるとシカゴの刑務所での彼はかなりの模範囚とみなされるはずだ。10年も待たずに出所するであろうことから、30代での出所では再犯が目に見えているといった声も上がっている。



参照:『asia one』US YouTube star gets 10 years in prison for child porn

画像:Austin Jones『YouTube』Setting The Record Straight

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】

<動画>人気YouTubeスター 児童ポルノ法違反で最低5年服役へ?
<米>ロリコン男、警察に車を停められ実子の前で拳銃自殺
児ポ法違反で43歳女を逮捕 美少女写真でつり10代少年に「性的動画を送って」
小児性犯罪者の45歳男に260年の禁錮刑が下る 米ロードアイランドの裁判所で
<イタリア>いたずらを受けた娘が自殺で父の恨み消えず 小児性愛者、出所とともに射殺される