ジャスティン、エド、アリアナら環境保護を訴える! チャリティー・ソング『EARTH』が熱い

この記事をシェアする
画像:2019/04/18に公開YouTube『Lil Dicky - Earth (Official Music Video)』のサムネイル
画像:2019/04/18に公開YouTube『Lil Dicky – Earth (Official Music Video)』のサムネイル

「僕たちがこの美しい地球を救わなければいけない!」 そんなメッセージを込め、リル・ディッキーを筆頭に30人を超える世界的スターが参加して話題となっているチャリティー・ソング『Earth』。PVは子供たちでも分かりやすいようなアニメーションとなり、まるで『ライオンキング』や『ニモ』を観ているかのような気分だ。世界中の可愛い動物たちや各地の絶景が登場し、強く惹きつけてくる視聴両面のクオリティの高さに注目が集まっている。



『USAフォー・アフリカ』がそうであったように、いつの時代もセレブには重大な問題を広く世の中に提起し、募金ほか各種の活動に向けて人々の意識を高め、ぐいぐいと牽引していくパワーがある。ハリウッドも徐々に世代交代となり、しっかりバトンを渡された今の若手スターたちも実に豪華。彼らが今一番心を痛め、そして何とか状況を変えていかなければならないと感じているのは、やはり「この美しく青い地球」についてであった。

こちらの楽曲は、作中にも登場する環境保護団体「レオナルド・ディカプリオ財団」とのコラボレーションである。俳優業ばかりか、国連でスピーチしたり環境保護団体に個人的に巨額の寄付をしたりと、ディカプリオは環境活動家としても世界的に有名だ。この曲の収益の一部もレオナルド・ディカプリオ財団を通じて非営利団体に寄付されるという。



ディカプリオの熱い環境保護活動に心から賛同し、チャリティでの出演を決めたメンバーは以下の通り。一人ずつ動物と化して登場するその発想がなんともユニークである。

リル・ディッキー(人間)
ジャスティン・ビーバー(ヒヒ)
アリアナ・グランデ(シマウマ)
ホールジー(ライオンの子)
ウィズ・カリファ(スカンク)
スヌープ・ドッグ(マリファナ)
ケヴィン・ハート(カニエ・ウェスト)
アダム・レヴィーン(ハゲワシ)
ショーン・メンデス(サイ)
シーア(カンガルー)
マイリー・サイラス(ゾウ)
リタ・オラ(オオカミ)
ケイティ・ペリー(ポニー)
エド・シーラン(コアラ)
本人(レオナルド・ディカプリオ)
バックストリート・ボーイズ/Backstreet Boys(エンドクレジット)

ざっと和訳すると、歌詞はこんな感じである。

「僕たちは地球を愛している/ 僕たちの惑星で、僕たちのホームなんだ/ やぁ僕はヒヒ 人間みたいだけど進化はしてなくてお尻がおっきいよ/ ハーイ、私はシマウマよ 私が何をしているのかみんなよく分かってないけど、とってもクールでしょ ていうか私って白なのかしら? 黒なのかしら?/ ぼくはライオンの子供だよ いつも舐めまわされてるよ/ こんにちは 私は牛 みんな私のおっぱいから牛乳を飲んでいるのよ/ 僕は太った豚さ/ 私は普通のキノコ/ 僕は不機嫌なスカンク おしりから臭いの出しちゃうぞ/ 俺はマリファナの苗木 お前をいい気分にしてやるよ/ 俺はカニエ・ウェスト!」

「僕たちハゲワシ 死骸をエサにするんだ/ 僕たちはサイだよ 角がすごいでしょ/ 私はキリン この首どうしちゃったの?/ ぴょんぴょん 私カンガルー あなたと一緒に一日中ぴょんぴょんしてるの/ 私はゾウよ 鼻の中に色々詰めてるわ/ なんてこった? ぼくは貝!/ オオカミだぞ~/ リスだよ ナッツはどこだろう/ 私はポニー ちょっと変わった馬だけど でも乗っていいわよ!/ ぼくはHPV 身体にいれたらダメだよ/ ぼくコアラ 一日中寝てるけどどうかした? 可愛いでしょ」

「僕は人間 こんにちは! 誰かいる?/ とっても長い間地球に生きてきた でも何が起きているんだ? 現実じゃないといいんだけれど…/ それぞれアフメドやペドロのように名前があり 洋服を着てオシャレをする 服は大事な部分を隠すんだ そしてマグロが大好き/ でも近年 いったいどうしちゃったのか 各地で襲撃事件があり汚染も深刻だ 僕たちは僕たちを攻撃しちゃってるんだ/ だからさいったん落ち着こうよ 僕たちが築き上げてきたものを尊重しよう/ この大地は何のためにあるんだ? 何のために立ち上がるんだ? それは愛だ、僕たちは地球を愛しているのだから」

(次のページへ)