ファッションショーのランウェイで倒れモデルが急死 拒食症を疑う向きも ブラジル

この記事をシェアする
画像:『WALIKALI』Tales Soares Wili, Age, Height, Net Worth, Death,Family,Girlfriend,Bio
画像:『WALIKALI』Tales Soares Wili, Age, Height, Net Worth, Death,Family,Girlfriend,Bio

ブラジル・サンパウロで開催されていたファッションウィークで、ブラジル人男性モデルのタレス・ソアレスさんがランウェイで突然倒れ、ほどなくして死亡した。わずか26歳。「食べ物にまるで手を付けていなかった」との話も出てきたことから、拒食症を指摘する向きもあるようだ。



27日、サンパウロ・ファッションウィーク(SPFW)の最中に、モデルがランウェイで死亡という悲劇的な出来事が起きた。Ocksaブランドのショーが行われていたなか、ランウェイで躓いたかのように前に倒れたタレス・ソアレス(Tales Soares)さん。観客たちはそんな彼について、おどけた演出のひとつであろうと思っていた。ところが身体が痙攣して口から泡を吹くようになったため、すぐに救急車が要請されたという。

直後から心肺蘇生措置が続けられ、搬送先の病院もすぐ近くであったにもかかわらず、タレスさんは病院到着時に死亡が確認された。詳しい死因についてはまだ明らかにされていない。タレスさんはモデル・エージェンシーのBase MGTに所属し、“Tales Cotta”の名で活動していたこともわかっている。Instagramほか彼のソーシャルメディアのアカウントは現在すべて非公開となっているもようだ。

海外セレブリティのWIKIとして知られるWALIKALIが報じたところによると、タレスさんの家族、友人らはメディアの取材に「健康診断に問題があるとか、何か不安な話は一切聞いたことがない」と話しているもよう。ただし、モデル仲間のIsa Melさんはブラジルのメディア『Folha Press』の取材に気になることを話している。

「彼はショーの前に出された食事にまったく手を付けていませんでした。彼はベジタリアンで、自分の好みに合った食べ物がまったくないと言っていて、でも不満だとも言っていませんでした。」

そもそもショーの前のモデルたちに、肉中心のコッテリした食べ物が提供されるとは考え難い。もしも「拒食症だったのでは」との噂が真実であれば、“細さ”自慢の世界でモデルたちがいかに正しい健康管理を心掛けていくべきか、改めて問題を提起した可能性がある。

タレスさんの様々な写真や動画を確認してみたところ、以前は骨格もガッチリとした男らしい雰囲気の顔立ちであったが、急激な減量でもあったのか、最近の彼は顔色もやや青白く頬がこけてしまっていることがわかる。



参照および画像引用:『WALIKALI』Tales Soares Wili, Age, Height, Net Worth, Death,Family,Girlfriend,Bio

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
誰もが見とれる“超美人” ジジ・ゴージャスの過去とは?
超美人モデル、ジーナ・ロセロが長いあいだ秘密にしていたコトとは…
この眉はアリかナシか 話題のモデルに脅迫続々と舞い込む
「世界で最も美しいモデルの1人」レイチェル・クックの人気が上昇中
元プロバスケ選手って知ってた!? エルザ・ホスクのバスケ姿がとってもクール!