スゴイ整形が話題のタレント、歌をリリースして「意外に売れた」と話題に 英国

この記事をシェアする
(画像:『Instagram』rodrigoalvesuk)
(画像:『Instagram』rodrigoalvesuk)

ブラジルで生まれたものの、19歳の頃に英国に拠点を移し人気テレビ番組に出演するなどしてきた「人間版ケン人形」ことロドリゴ・アルヴェス、35歳。これまで数え切れぬほど顔や体に手を加えたという彼は、フェイスリフト、植毛、鼻形成術などを何度も繰り返し、さらにはフィラーを体のアチコチに注入し不自然極まりない姿になってしまった。



それでも本人は「いや、まだまだ」と整形を繰り返し「肋骨の軟骨を使って11回目の鼻の整形手術を受けるんだ」と告白 - 理由については「鼻声が嫌になった」「手術を受けて美声をゲットし、歌のコンテストに間に合わせたい」と話していたが、その後本当に歌の道にも本格的に進出し、『Plastic World』なる曲をリリースしたというから驚きである。

(画像:『Instagram』rodrigoalvesuk)
(画像:『Instagram』rodrigoalvesuk)

また日本や欧米ではヒットしそうにない曲風ではあるが、リリースからほんの数時間でイタリアおよびドバイのダンスチャートで1位を記録したという報道も。ミュージックビデオも用意できたもようで、ロドリゴも大満足のようだ。インスタグラムにはダンスをする動画などもアップし、そこにこう書き添えている。

「『Plastic World』をナンバーワンにしてくださった皆さん、本当にありがとう。」

「I’m sexy and hot」と歌うロドリゴだが、整形についてはやはりやり過ぎであろう。本人が満足ならそれで良いとはいえ、手術の影響で顔面に硬い塊が複数でき「5時間にも及ぶ手術でそれらを除去した」と報じられたこともある。



動画:『YouTube』 Rodrigo Alves Plastic World

参照および画像引用:『Instagram』rodrigoalvesuk

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「ムラカミを許すな!」 ブラジル日系・美容整形外科医を相手に40名の患者が集団訴訟
整形繰り返す「人間版ケン人形」 手術で顔面にできた塊を除去もさらに整形へ
「世界一醜い美容整形女」ジョセリン・ウィルデンシュタインさん破産していた 米
元祖『ビバヒル』ケリーことジェニー・ガース46歳 若返り整形を指摘されキレる
<中国>美しくなりたかった妻の希望叶わず 美容整形の失敗で下瞼の一部が欠損