怖いジップライニング タイでカナダ人観光客が100メートル下に転落死

この記事をシェアする
タイのジップラインで死亡事故(画像はイメージです)
タイのジップラインで死亡事故(画像はイメージです)

タイのチェンマイで、若い観光客に大人気となっていたジップライン(ジップライニング)。カナダから訪れてそれに挑戦していた観光客が死亡した。ジップラインの運営会社が現在厳しい調査を受けている。




タイのメディアが報道したところによると、事故が起きたのは今月13日。「Flight of the Gibbon」社が運営するジップラインで死亡したのはカナダから観光で来ていた25歳のスペンサー・チャールズさんで、安全ロックに不具合が生じ、プラットフォームから飛び出した瞬間に転落したという。

スペンサーさんは100メートルも下の岩が多い川に落ちて全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。警察は、スペンサーさんの体重に比べてジップラインの安全対策が甘すぎたとみているもよう。同社は公式ウェブサイトで「体重125kg未満であること」と条件づけていたが、スペンサーさんの体重はそれより重く、しかもケーブルは8本あるべきところ3本しか使用されていなかった。

長期にわたる運営実績を誇り、安全基準のクリアを謳っていた同社だが、2016年には3人のイスラエル人観光客が負傷する事故が起きており、警察による調査および各種の安全検査が行われているため、再びジップラインは休業となっている。同社は「このたびの事故における全ての責任を負い、被害者のご遺族に対する補償を約束します」と発表したが、信頼を取り戻すのは難しい印象もある。



参照および画像引用:『asia one』Canadian tourist dies after 100-metre fall from Chiang Mai zipline

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<台湾>SNSで人気博した「ビキニ登山家」、雪山で滑落し死去
<米>最期はヨセミテの断崖絶壁で滑落死 超スリリングな写真撮影にこだわったブロガー夫妻
<米>“超危険”と見せかけた写真をインスタグラムに公開のカップル 大炎上で釈明
<米>グランドキャニオンで観光客が1000フィート下に転落、死亡が確認される
<動画>母親はひょっとして嘘を!? 中国のエスカレーターで乳児が転落死