ココアで実験 たかが色されど色、食器の色で「おいしさ」は違ってくる!

この記事をシェアする
食器の色で味が変わってくるから不思議!
食器の色で味が変わってくるから不思議!

医療機関が大切にする色、白はやはり清潔感にあふれている。赤は体を温め、心を熱くさせることもある。青は地球、海を想像させる清涼感に満ち、そして緑は平和と安らぎの色である。日常生活において「色」が果たす役割は実に大きい。気分が色に左右されることはよくわかっているが、実は味覚も色にコントロールされている…!?



スペイン・バレンシア工科大学、そし英オックスフォード大学の共同研究チームが以前、『Journal of Sensory Studies』誌に興味深い論文を寄せたことがある。57名の被験者に協力を依頼し、ホットチョコートドリンクの美味しさに違いが生じるかどうかを実験した結果、食器の色により得点が異なってくることを突き止めたというのだ。

用意されたのは白、クリーム色、赤、オレンジ色のマグカップ。中身のホットチョコレートはまったく同じもので、それぞれの印象や味の違いを語ってもらったという。これでわかったのは、オレンジ色のカップで飲んだホットチョコレートが一番美味しいということ。評価は高い順にオレンジ色、クリーム色、赤、白という結果になった。

また、実験では青や緑を中心に“寒色系”の食器も用意された。暖色系の食器と比べて食欲が落ちてしまうかどうかを比較したところ、想像した通り被験者の食欲は暖色系ほどは上がらなかったそうだ。

食器も美しい繊細な日本食、そしてトマトをはじめ色の鮮やかな食材が並ぶイタリアン料理は白い食器に盛ってこそ映えるのであろう。ヒトは舌ばかりか目でもその食べ物を味わっているということが、この実験を通じてよくわかったという。

ここで気づくのは、ファストフード・レストランの看板やポスターのロゴには黄色が目立つこと。これにもしっかりとした根拠があったようだ。研究チームはマクドナルドを例に挙げ、彼らが大事にしている赤と黄色のハッキリとした色使い、得にも黄色には食欲増進のサブリミナル効果があると述べている。「フードビジネスにおける売り上げは器の色次第」とは言い過ぎだが、なるべくなら美味しく見える暖色系を選ぶとよろしいようだ。



(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<コロンビア>16歳妊婦が胸にタトゥー 重い感染症で流産のうえ車椅子生活に
<仏>ライダーカップでゴルフボールが直撃 女性、眼球破裂により失明
「月経があり妊娠判定薬も陰性、なのに妊娠37週と」 アイルランドの女性に何が起きた…!?
血が一滴ポトリで“あの日”を意味する絵文字 察して欲しい女性の間で流行るか 
<米>ココナッツオイル「食べるには毒。ラードより悪い」ハーバード大教授が主張