<オランダ>不妊治療専門医、自分の精子を用いて少なくとも49人の子の父になっていた! 

この記事をシェアする
不妊治療専門医が極秘でドナーに…。(画像はイメージです)
不妊治療専門医が極秘でドナーに…。(画像はイメージです)

「赤ちゃんが欲しいけれど、できない」 - 様々な理由で妊娠に至らず、勇気を出してある不妊治療専門医の元を訪れた女性達。その後ドナーの精子を用い妊娠・出産した女性が多くいるが、うち少なくとも49名の子の「実の父」が彼女達の不妊治療にあたった医師であることが明らかになったようだ。



医師(Jan Karbaat、享年89)は2017年に他界しているというが、Karbaatにつき「母親が選んだドナーの精子ではなく自分の精子を使い女性達を妊娠させていた」という驚きのスキャンダルを海外メディアが伝えている。すでに多くの子ども達がDNA検査を受け、うち49人が同医師の「直系の子」という驚くべき結果を得たとのこと - その疑いが浮上した一因は「同医師のクリニックで妊娠した母親達の子らがやけに似ていたから」と海外メディアは報道しているが、母親たちは誰ひとりとして「医師の精子が用いられた」とは知らなかったという。

当然違法な行為ではあるが、死去前に同医師が「実は約60人の子の親である」と認めたという情報も浮上。そういった点も考慮し、医師の死後に歯ブラシから採取したDNAを用いての鑑定に裁判所がゴーサインを出したというのだ。子ども達のほとんどがすでに30代だというが、ようやく真相を知った“同医師の子”のひとりはメディアの取材に応じ、こう語っている。

「この医師が母を騙したという気はしないのです。」
「なぜなら、母は本当に子どもを望んでいたのですから。私の(育ての)父は、母を妊娠させることは出来なかったのです。」

またこのスキャンダルを通し、同じ血が流れる“医師の子ら”が親しくなり「これからも連絡を取り合いたい」と話しているという。またこの医師の精子は他のクリニックにも送られていたことが判明したといい、当局は「もしかしたら自分も?」と思う人達に向け「どうかDNA検査を」と呼びかけている。医師がなぜ自分の精子をこっそり使用していたのかなど、動機については報じられていない。



参照:『METRO』Fertility doctor ‘used his own sperm to secretly father 49 children’

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>4歳児が銃をいじり誤って発砲 6歳の姉が頭を撃たれ死亡
<米>息子(2)を殴った恋人をかばい死ぬまで放置した鬼母 「息子の亡霊が会いに来る」
<中国>3歳のちびっこモデル 鬼母が尻を蹴りあげ世間が猛反発
<英国>天国のママにカードを書いた4歳女児 親切な郵便局員のとった行動とは…
<米>娘を噛み、殴りつけ、窒息死させた鬼母 「判決は今年6月」と海外メディア