<米>“超危険”と見せかけた写真をインスタグラムに公開のカップル 大炎上で釈明

この記事をシェアする
あまりにも危険に見えるこの1枚。
あまりにも危険に見えるこの1枚。

旅先で撮った写真をインスタグラムに多くアップし人気を博しているアメリカ人カップルが、先日この写真を公開。「超危険な場でのキスシーン」にしか見えぬこの写真に多くの人びとが驚き、「このバカップル!」という批判が噴出した。



ルイジアナ出身のケリーさん(Kelly Castille、33)とミシガン出身のコーディさん(Kody Workman、32)が出会ったのは、1年半前のこと。旅先で恋に落ちたという二人はその後様々な国を訪問し、昨年春に仲良くインスタグラムのアカウントを開設し一躍人気カップルとなった。

ちなみにこの写真が撮影されたのはバリ(インドネシア)だというが、これを見た人々は驚き「女性が落ちたら死んでしまうじゃないか」と怒り心頭。「話題集めのために命をかけるバカモノだ!」という批判を多く受け、二人は米メディアを通し以下のように釈明している。

「責任は自分達でとります、安全だと思ったのです。」
「ドラマチックに見えるように写真の下の方はカットして公開しましたが、(落ちても大丈夫なように)下に小さいプールがあるんです。」
「批判は受けていますが、安全だと確信して撮影したまでです。もし落ちたとしても、ちょっと水しぶきがあがるだけ。また階段で上のプールに行けば再チャレンジできる - そんな場所なのです。」

ちなみに実際に危険な場所に赴き珍写真を撮る「SNS有名人」は意外に多く、今年に入ってからは「ビキニ登山家(Bikini Climber)」と呼ばれソーシャルメディアで人気を博していた台湾人女性が雪山で足を滑らせ転落。「酷い怪我を負った」「助けて」と何度も電話で救いを求めるも救助が難航し、そのまま死亡している。写真を見て「危険な場所へ行こう!」「写真を公開して有名になろう!」という人も多いというが、実際にはこのカップルのように編集済みの写真を公開している場合もある。何よりも大事な命を失わぬよう、「いざ冒険へ」と危険な場所に行ったりしないのが一番である。



参照:『FOX NEWS』Instagram couple defends ‘stupid’ photo on edge of infinity pool

画像:『Instagram』positravelty

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<台湾>SNSで人気博した「ビキニ登山家」、雪山で滑落し死去
<米>最期はヨセミテの断崖絶壁で滑落死 超スリリングな写真撮影にこだわったブロガー夫妻
<動画>超激ヤセYouTuberに死亡説 否定するも「SNSは休み治療を受けます」
<米>グランドキャニオンで観光客が1000フィート下に転落、死亡が確認される
「エンジニアズ・デイ」SNS投稿はまるで“サラリーマン川柳” インドで話題の秀作