<米>盲目のゴールデンレトリバー犬に介助犬さながらに寄り添う子犬

この記事をシェアする
盲目のゴールデンレトリバーと常に一緒にいたがる子犬
盲目のゴールデンレトリバーと常に一緒にいたがる子犬

病気により両方の眼球をに失ったゴールデンレトリバーの“チャーリー”。彼は子犬の“マーベリック”の助けを得ながら生きているという。誰にしつけられるわけでも、命じられるわけでもなく、自らの意思でチャーリーに寄り添うマーヴェリックの優しさに、人々は心打たれる日々であるという。



間もなく11歳の誕生日を迎えるゴールデンレトリバーのチャーリー。米ノースカロライナ州のアダム&チェルシー・スタイプス夫妻によれば、チャーリーは2016年から左右の目に次々と緑内障を発症し、一年の間に両目とも摘出しなければならなくなり、完全に視力を失ってしまったという。

そんなチャーリーから決して離れようとせず、何くれとなく世話を焼いているのは生後まだ4か月という子犬のマーヴェリック。夫妻が本当に小さなマーヴェリックを引き取って育てるようになったのは今年1月のことで、最初はチャーリーに対してよそよそしい雰囲気もみられた。ところが夫妻がチャーリーを懸命に世話する様子をじっとみて育ったマーヴェリックは、チャーリーの散歩では必ず脇に寄り添うようになり、やがてじゃれ合うように。チャーリーがうたた寝する時には、子犬のマーヴェリックが枕になってあげたりもする。

子犬ながら賢いマーヴェリックには本当に感心しています。一緒に遊んでいて、チャーリーがおもちゃを落とすたびにマーヴェリックが拾い、またチャーリーに持たせてあげています。マーヴェリックはチャーリーのお世話をするためにこの家にやってきたようにも見えるし、まだ子犬のマーヴェリックのしつけは先輩格のチャーリーがよくやってくれるのです。」

そんな2匹の様子を人々に知らせたいと夫妻はインスタグラムにアカウントを開設。するとわずか4日の間に52,000人以上の人々が訪れたそうだ。失明したとは思えないほどチャーリーの表情にいきいきとした明るさが戻ってきたのは、子犬ながら常にチャーリーのペースに合わせようとするマーヴェリックの気遣いや優しさのおかげであろう。夫妻は『NBCフィラデルフィア』に自分たち人間が彼らからたくさんのことを学んでいると話している。



参照および画像引用:『PEOPLE』Blind Golden Retriever Gets His Own Seeing Eye Dog and It’s a Pawsitively Perfect Match(Photo:harlie And Maverick/Instagram)

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<動画>犬は実はダンスが得意 大好きなBroと月曜朝もノリノリさ!
「あっちゃちゃ~~っ!」 バースデーケーキにかぶりついた男児の髪にキャンドルの火が<チリ>
台湾で大人気の「パピー・アイスクリーム」が超かわいい! 
<動画>フレンチブルの子犬が賢すぎる 犬型ケーキ断首で危機を察知
【閲覧注意】<タイ>ポメラニアン耳を赤く染められ重度のアレルギーを発症 耳介がパックリ取れる