何世紀にもわたり「11」にこだわり続けるスイスのゾロトゥルン州

この記事をシェアする
ゾロトゥルンの街には至る所に「11」が
ゾロトゥルンの街には至る所に「11」が

スイス・ベルンの北に位置するゾロトゥルン州(州都ゾロトゥルン)。とても美しいことで知られるこの州の人々は、何においても「11」にこだわっている。11という数字はとても縁起が良いからだといい、街の中に点在する11へのこだわりを訪ね歩く観光ツアーも大人気。しかし「一体なぜそのようなことに」と尋ねられると…!?



観光客を率いてゾロトゥルンの街を歩くガイドたちは、11という数字はこの街とは切っても切り離せない関係にあること、それは州民にとっても大変重要な数字であることを、まずはこんな風に説明する。

「11へのこだわりの象徴が聖ウルズス聖堂です。11年かかって建てられ、11の異なる大理石が使用され、11の扉、11の鐘、11の祭壇があります。ロマネスク様式のファサードは高さ3X11メートル、尖塔の高さは6X11メートルです。政府が設計士にそう命じたからです。」

ゾロトゥルン州では1252年、町の評議会のため11人のメンバーが選出された。そして1481年にゾロトゥルンはスイス連邦の11番目の州に登録され、職業別組合(ギルド)の数も11であった。それだけではない。ゾロトゥルン州には噴水、博物館、塔がそれぞれ11か所ある。また広場にあるグリーンの文字盤が可愛らしい時計は12時が存在せず、11時がトップにくるという徹底ぶりだ。

11時がトップにくる珍しい時計が!
11時がトップにくる珍しい時計が!

しかし、その起源や理由を尋ねられると明確に説明できる者はいない。近くのジュラ山脈ヴァイセンシュタイン山に棲む妖精(魔法使いのエルフ)に関係しているという説もあれば、11という数字は神聖、聖書では重要な意味があると主張する人たちも。しかし実は誰も正しいことを知らないためだ。

1つだけ言えるのは、ゾロトゥルンの人々は11という数字に対して強迫観念にも似たかなり強いこだわりを見せており、それが何世紀にもわたって続いているということ。日常生活においても彼らは11歳の誕生日に特別な祝いの席をもうけ、22歳、33歳、44歳などの11の倍数である年齢を縁起が良いと考えているそうだ。



参照:『Region Solothurn Tourismus』City Tours/THE MAGICAL NUMBER 11

画像:『Region Solothurn Tourismus』Town and Heritage/SOLOTHURN

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
陰茎増大手術中に死亡 「見た目」にこだわりすぎた有名ダイヤモンド・トレーダー 
お祓いするしかない…!? 1年に3度も車にツッコまれた米コロラド州のレストラン
「ちょっとお賽銭」また高齢女性か エンジンに硬貨投入で中国東方航空機が飛べず
<中国>男がエンジンに“お賽銭”感覚で硬貨を投入 旅客機が飛べず162名降機
<中国>流行らない「刑務所レストラン」 悪いのは殺伐とした雰囲気か縁起の悪さか