極貧から大富豪へ 歌手スーザン・ボイルが語る「私が散財しない理由」

この記事をシェアする
「成功するまでの47年間、苦労続きだったの。」
「成功するまでの47年間、苦労続きだったの。」

2009年に放映された「ブリテンズ・ゴット・タレント」に出場し、もっさりした風貌からは想像もできぬ美しい声と素晴らしい歌唱力で世界中の人びとを驚かせた歌手スーザン・ボイル(58)。約10年を経て今ではミリオネアとなっているスーザンだが、とても質素な暮らしを続けているという。



今でも移動にはバスを利用し、静かに1人暮らしを続けているスーザン・ボイル。そのスーザンがたびたび話題になる質素な暮らしぶりにつき、このように述べた。

「『ブリテンズ・ゴット・タレント』に出演するまでの私の生活は、(お金が無いせいで)本当に大変だったの。」
「老いた母の世話を、たったひとりでこなしていたしね。とにかく貧しかった。請求書が来ても支払いが困難で、食べ物の購入さえ難しい状態だったんだもの。」

そのような生活を40年以上続けた結果、スーザンはお金を使うことにずいぶん慎重になったのだという。

「そう、私は無駄に大金を使ったりしない。47年間も、まるでお金がないような暮らしを続けていたんだもの。だから今あるお金は、まさかのときのために貯金したままにしておきたいの。」

少々浪費しようが使いきれないほどの資産があるものの、極貧生活が長かっただけに生き方を変えることは困難なもよう。今も近所の人達とのお喋りを気さくに楽しむというスーザンは、数年前には最低賃金のパートに興味を示していたことも大々的に報じられた。



参照:『METRO』Susan Boyle refuses to spend £22 million fortune earned in 10 years since Britain’s Got Talent

画像:『Instagram』susanboylemusic

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
スーザン・ボイル、莫大な資産を築くも「今もバスを利用しています」
スーザン・ボイルのインタビューが話題に 「日本ではプロポーズされた」
<動画>スーザン・ボイル 『アメリカズ・ゴット・タレント』スピンオフで熱唱
スーザン・ボイルが垢ぬけた! キレイになってまだまだ現役
<動画>凄惨な飛行機事故から生還したケチ・オクーチさん 「音楽に救われた」