<米>コンビニ店主、万引き少年に食糧を提供 「弟と食べるんだよ」

この記事をシェアする
コンビニ店主の思いやりが話題に。(画像はイメージです)
コンビニ店主の思いやりが話題に。(画像はイメージです)

先日、米オハイオ州のコンビニエンスストアにて店主ジェイさん(Jay Singh)が不審な動きをする少年を発見。すぐに「これは怪しい」「万引き犯に違いない」と気付き店員に通報するよう指示したというが、その後到着した警官達に店主は「大丈夫です、ありがとう」と伝え帰ってもらったとのこと - その後ジェイさんは少年にある物を大量に持たせ、家に帰したという。



その晩の様子を、店主ジェイさんはメディアにこう語っている。

「背を向けて、ポケットに物を詰め込んでいる子が見えたんです。」

その後、警官の到着を待つ間に少年の言い分を聞こうと店主は決めたという。

「そうなんです。でも少年が『すぐに返します』と言い商品を棚に戻し始めたため、私はこう伝えました。『カウンターに全部置いてくれるかい? 君が盗った物を全て確認しなくちゃ』とね。」

店主はこのとき少年に「なぜこのような事をしたんだい?」と問いかけ、少年はこう答えたという。

「お腹が空いているのです。弟もお腹を空かせています。」

これを聞いた店主は「食べ物が必要なんだね? ならおじさんが食べ物をあげよう。(支払いはしなくて)大丈夫だよ」と伝え、袋に食糧を詰め込んで少年に手渡したとのこと。「この子を逮捕させる意味なんてない」として、警官隊に少年を引き渡すことも拒否したという。

「ほんの子供だったのです。窃盗で捕まれば記録に残ってしまう。人生が台無しになるし、職を得るのも困難になるでしょう。そんな状況に陥れば、今後も少年のお腹は満たされないと思ったのです。」

なおこの晩の出来事を公表したのは店主ではなく、たまたま様子を見ていた人物だったのだそう。「なんて素晴らしい人だろう」と感動した人物がFacebookに詳細を書きこんだところあっという間に1000人以上がその投稿をシェアし、メディアにも伝わったという。人情のかけらもない極悪非道な犯罪者のニュースが絶えない一方で、このように高潔な人もまだいるのである



参照:『CBS News』A 7-Eleven owner caught a teen thief. Instead of calling 911, he asked him why

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>「苦しんでいる子の命を救いたい」 校長先生が骨髄提供後に逝去
<米>理不尽すぎる殺人事件 外食先で見知らぬ人達の食費を負担した男性が射殺される
<英国>天国のママにカードを書いた4歳女児 親切な郵便局員のとった行動とは…
<カナダ>息子がマウンテンライオンに襲われ血まみれに 母親が飛びつき命がけで撃退
<南ア>娘を襲った男達に包丁を持った母親突進 1人が死亡するも起訴取り下げに