<カナダ>息子がマウンテンライオンに襲われ血まみれに 母親が飛びつき命がけで撃退

この記事をシェアする
マウンテンライオンが幼い子に襲い掛かった!
マウンテンライオンが幼い子に襲い掛かった!

幼い息子が楽しく遊んでいる - そこにいきなり野生動物が近づき首もとに食らいついたとしたら…。そんな恐ろしい体験をした母親がカナダ(バンクーバー島)にいた。彼女は悪夢のような光景を目の当たりにするなり、口から血を垂らす動物の背中に躊躇することなく飛びつき「息子を離せ」と格闘。自らも牙をむかれ負傷しながらも、息子の命を救ったという。



大変勇敢かつ迅速な行為で7歳の息子ザック君を救ったのは、チェルシー・ブロムリーさんという名のお母さんである。この日ザック君は一家が暮らす家の裏庭で遊んでいたというが、突然マウンテンライオンが現れフェンスを飛び越え敷地に侵入 - ザック君を見つけるなり彼の首、さらには腕に食らいついたという。

この時家の中にいたチェルシーさんは、息子の悲鳴を聞くなり外に飛び出しマウンテンライオンに突進。必死に引き離そうとするチェルシーさんも襲われ負傷したというが、それでも執拗に息子に食らいつくマウンテンライオンの背にチェルシーさんは飛びかかり、顎に手をやり力任せに口を開かせたとのこと。マウンテンライオンもついには諦め去って行ったというが、現場はザック君とチェルシーさんの傷から溢れ出る血でおぞましい状態になっていたという。

その後ザック君の父親が取材に応じ、「血まみれになっていました」「彼女は取り乱しています。もしもっと大きな動物だったら、もうお終いだったと…」とコメント。ザック君については頭部、首、腕の傷が深くヘリで病院に運ばれたというが、勇敢な母のおかげで命に別状はなく、翌日には帰宅を許されたという。その後当局はザック君たちを襲ったマウンテンライオン、また近くにいたもう一頭を発見し殺処分したといい、突然襲い掛かった理由については「腹を空かせていたようです」と発表している。



参照:『METRO』Mum jumped on mountain lion’s back and prised jaw open to save son, 7

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>娘を噛み、殴りつけ、窒息死させた鬼母 「判決は今年6月」と海外メディア
<米>不妊治療を経て母になった女性、子宮を摘出しドナーに
<南ア>娘を襲った男達に包丁を持った母親突進 1人が死亡するも起訴取り下げに
中国の母親、テストが81点の12歳息子を捨てる 警察にも「引き取らない」
ヒラリー・ダフの母乳を試飲? イケメン俳優が気持ち悪いと話題に