ジャスティン・ビーバー エイプリルフールのジョークが「悪質」と叩かれ謝罪

この記事をシェアする
ジャスティン、面白くないジョークで批判される。
ジャスティン、面白くないジョークで批判される。

先日、突然インスタグラムに胎児の超音波写真をアップしたジャスティン・ビーバー。さらに「もしエイプリルフールと思った人がいるなら…」と書き込み妻ヘイリー・ボールドウィンがクリニックらしき場で診察を受けている写真まで公開し、「本当に妊娠か!」と多くのファンが驚いた。だがその後に超音波写真の胎児の部分を犬の写真に置き換え、再度アップ - 「Wait omg is that a,,, APRIL FOOLS」などというキャプションを添え、人々を激怒させた。



多くの女性達が妊娠したくてもできないという悩みを抱える中、ジャスティン・ビーバーが妊娠をネタにしたジョークをエイプリルフールに炸裂。当然まったくウケず猛反発されたジャスティンは、その後以下の内容を含む文章をインスタグラムにアップしている。

「何をしても怒る人がいるもんだよね。冗談をうまく受け入れられない人達もいる。俺はね、イタズラが好きなんだよ。それにエイプリルフールだったんだぜ。」

「子どもを持てない人達に対して無神経な事をする気なんてなかったんだ。でも多くの人がエイプリルフールの日に親に言うもんだよ、妊娠しましたって。驚かせるためにね。」

「でもとりあえず謝罪するよ。そして責任をとって腹を立てた人達に謝る。イタズラのせいで誰かが傷つくなんていうのは、俺の望みじゃない。」

「何で人が傷つくのか、分からないこともある。笑った人もいるかもしれないけれど、腹を立てた人もいるってわけだ。」

反省しているのかそうでないのか、まったくよく分からないこの釈明。中にはジャスティンを擁護するファンもいるが、当然「全然面白くないね」とコメントしているファンも多い。



参照および画像引用:『Instagram』justinbieber

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>不妊治療を経て母になった女性、子宮を摘出しドナーに
音楽活動をお休み中のジャスティン・ビーバー、今一番の望みはパパデビュー
ジャスティン・ビーバー「セレーナへの愛は今もある。でも恋している相手は妻」
ヘイリー・ボールドウィン 「ジャスティン・ビーバーのファンは独占欲が強い」
ジャスティン・ビーバー 「俺は苦悩してる。祈ってほしい」とファンにメッセージ