グラミー賞ノミネートも話題になったニプシー・ハッスル、射殺される

この記事をシェアする
心肺蘇生を受けるも帰らぬ人に。
心肺蘇生を受けるも帰らぬ人に。

グラミー賞ノミネートも話題になったラッパーのNipsey Hussle(ニプシー・ハッスル、33)が、ロサンゼルスにて数回銃弾を撃ち込まれて死去した。ギャングの絡む殺害事件である可能性もあるとして、警察が捜査にあたっているもようだ。



複数の情報筋が『TMZ』に寄せた内容をまとめると、Nipsey Hussleは現地時間3月31日にハイドパークにいたところ銃撃されたもよう。自身のアパレル系店舗(駐車場)に居たという情報もあるが、具体的な状況は明らかになっていない。この日現場で銃撃された人は計3名とみられ、夕方にはNipseyの死亡を当局が認めた。

容疑者につき、当局は「20代の黒人男性」である可能性があるとして捜査を開始。男は同日午後にNipseyのいた場を徒歩で訪れ複数回発砲し、その後待っていたとみられる車に乗り込み逃走したという情報もあるもようだ。この殺人事件を担当している捜査チームは「ギャングが絡んだ事件である可能性もある」と念頭に置き、犯人の特定に尽力しているという。

Nipseyは50セント、スヌープ・ドッグ、ケンドリック・ラマー、ドレイクといった大物とのコラボも知られ、今年開催されたグラミー賞授賞式では最優秀ラップ・アルバム賞にノミネートされ話題になった。多くのファンが訃報に衝撃を受け、「どうしてこのような形で命を奪われねばならなかったのか」「信じられない」「どうか安らかに」といったコメントをインスタグラムに続々と書きこんでいる。



参照:『TMZ』Nipsey Hussle Dead at 33 After Getting Shot in Los Angeles

画像:『Instagram』nipseyhussle

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>小学校で喧嘩勃発 激しく殴られた5年生女児が死去
「America’s Next Top Model」元出場者 乳がん宣告から2か月で死去
『大草原の小さな家』“オルソン夫人”キャサリン・マグレガーが93歳で死去 “ローラ”も追悼
“ウルヴァリン”ヒュー・ジャックマンも沈痛 アメコミ界巨匠スタン・リー氏が死去
カントリー歌手、ミュージックビデオを撮影中に銃が暴発 顔面に銃弾が当たり死亡