ジャスティン・ビーバー「セレーナへの愛は今もある。でも恋している相手は妻」

この記事をシェアする
「好きなのはヘイリー」と書きこんだジャスティン。
「好きなのはヘイリー」と書きこんだジャスティン。

このほど、あるファンがジャスティン・ビーバーとヘイリー・ボールドウィンの結婚につき「セレーナ・ゴメスへの仕返しでしょう」などとインスタグラムに書きこんだ。これを見たジャスティンは激怒し「恥を知るべき」などと書きこむ一方で、「セレーナのことは愛していたし今も愛情はある」とも書き込んだ。



セレーナ・ゴメスと何度もオンとオフを繰り返したジャスティン・ビーバーは、昨年も再びセレーナとオフになりそのまま元恋人ヘイリー・ボールドウィンのもとに。その後はあっという間に婚約・結婚へと突き進みファンとセレーナを驚かせたが、ジャスティンのインスタグラムには今もセレーナとのキス写真がアップされたままだ。

今もジャスティンがインスタグラムにアップしたままの写真。
今もジャスティンがインスタグラムにアップしたままの写真。

そんなジャスティンにつき、あるファンが「ヘイリーに恋なんてしていないくせに」「セレーナに仕返しすべくヘイリーと結婚したのよ」と書き込み、これにジャスティンが以下のような内容を含む長文メッセージを返している。

ジャスティンに尽くしている妻ヘイリー。
ジャスティンに尽くしている妻ヘイリー。

「元カノへの仕返しに結婚すると考えるなんて馬鹿げているし、君は恥を知るべきだ。」

「セレーナのことを本当に愛していたんだ。今も愛しているしこれからも彼女を忘れない。でも俺は妻に恋しているんだ。」

「あと『ジャスティンはセレーナの元に帰る』『セレーナの方が彼に相応しい』なんてメッセージをヘイリーに送っているイカれた奴らにも言いたい。お前達に俺の人生は分かりっこないし、俺にとって何が良いかも分からないはずだ!! 」

「俺の嫁さんはヘイリーなんだ。それが気に入らずにサポートできないなら、俺のこともサポートできっこない。そんな奴は俺のファンじゃないし善人でもない。ちゃんとした育ちをしたのであれば、両親にこう言われたはずだ。良い事が言えないなら何も言うなってな。」

精神的に不安定なジャスティンを、一生懸命支え尽くしているヘイリー。ジャスティンも今はヘイリーに頼りきりだといい、彼女にすがっていると言われている。そんなジャスティンに「この結婚はセレーナへの復讐でしょう」と言おうが、ジャスティンが「はい、そうなんです」と言うワケがないのである。



参照:『E!News』Justin Bieber Fires Back at Claim He Married Hailey Bieber to Get Back at Selena Gomez

画像:『Instagram』justinbieber

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジャスティン・ビーバー激ヤセ “新妻”ヘイリーらとランチに行くもゲッソリ
ジャスティン・ビーバー、先月は車内で震え? 今月はクリニック通いも…
ジャスティン・ビーバー 「俺は苦悩してる。祈ってほしい」とファンにメッセージ
ヘイリー・ボールドウィン 「ジャスティン・ビーバーのファンは独占欲が強い」
ジャスティン・ビーバー「音楽より、良き父になるためにも根深い問題の解決が先」