映画『ランボー』シリーズ最新作に期待がかかるスタローン 驚異の肉体改造法

この記事をシェアする
映画『ランボー』最新作は9月にアメリカで公開へ。
映画『ランボー』最新作は9月にアメリカで公開へ。

俳優アーノルド・シュワルツェネッガー(71)とトップの座を競い合い、それゆえに「かつてはシュワが大っ嫌いだった」と告白済みのシルヴェスター・スタローン(72)。しかし同じアクション映画スターとしてハリウッド映画界をけん引するうちに親しくなり、今は互いの功績と実力を認め尊敬しあう親友同士だという。うちシュワの『ターミネーター』シリーズ最新作、そしてスタローンの『ランボー』シリーズ最新作も今年アメリカで公開予定 - 現地ファンの期待もずいぶん高まっている。



シュワと共にトップの座を競いあってきたスタローンの大ヒットシリーズ『ランボー』も、5作目『Rambo V: Last Blood』でファイナルとなるもよう。今回スタローンが演じるランボーはPTSDに苦しみながらアリゾナ州の牧場で生活中 - しかしメキシコに向かい「ある人物の救出に命をかける」というストーリーラインになるといい、今からアメリカの映画ファンはどのような展開とエンディングになるのかと、ずいぶん期待しているようだ。

そのスタローンもすでに70代。しかしランボーやロッキーといった役柄を長く演じるべく体を鍛え抜いてきたといい、時には週に6回もジムでワークアウト。「十分ではない」と感じればトレーナーをつけて日に2度もワークアウトしてきたといい、一時は体脂肪率が2.8パーセントになっていたという。

気になる食事の内容は、以下の通りだという。

■ 朝食前:
アミノ酸ドリンク
■ 朝食:
卵3個分の白身、黄身を2分の1個程度、オートミール、プンパーニッケル(ドイツ発祥のパン)、パパイヤ、イチジクを数個
■ 昼食:
ローストしたペポカボチャ、焼いて調理した皮なしチキン、サラダ、イチジクかベリー系のフルーツ
■ 夕飯:
サラダ、焼き魚、繊維豊富なトースト、仔牛の肉

甘い砂糖がタップリ入ったデザートなどを我慢し、筋肉をつけ体を絞りきり撮影をこなしてきたスタローン。すでにかなりの高齢とはなったがスタローンの作品は常に迫力満点 - ランボーの最新作では主演のみならず脚本の執筆にも加わっているというから、素晴らしい作品の仕上がりに期待できそうだ。



画像:『Instagram』officialslystallone

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
シルヴェスター・スタローンのロッキーは本当に見納めへ? ファンから悲しみの声も
シルヴェスター・スタローン元妻55歳 「もう1人赤ちゃんを産むかも」
『ターミネーター』最新作にアーノルド・シュワルツェネッガーも自信 鍛え方も凄かった!
今年出産したスタローン元妻55歳 「産後の減量? 2週間で元通りよ、おっほっほ」
シュワが家政婦に産ませた息子 父顔負けのムキムキマッチョマンに