バーブラ・ストライサンド M・ジャクソンの性的虐待疑惑に関する発言を猛省

この記事をシェアする
「本当にすみませんでした。」
「本当にすみませんでした。」

故マイケル・ジャクソンが少年達に性的虐待を加えていたとする内容のドキュメンタリーにつき、先日バーブラ・ストライサンドがコメント。しかしその発言があまりにも軽率で浅はかでもあるとの批判が噴出し、バーブラが自身のコメント内容につき謝罪するに至った。



『Leaving Neverland』を観たというバーブラ・ストライサンドは、先日メディアの取材を承諾。このように述べ痛烈な批判をあびた。

「ええ、(元少年達の主張を)完全に信じているし、本当に辛い話だったわ。」

元少年達に性的虐待をしたと主張されている故マイケル・ジャクソン。
元少年達に性的虐待をしたと主張されている故マイケル・ジャクソン。

「でもマイケル・ジャクソンは、すごくスイートで無邪気な人だったわ。」

「性的なことは、子供時代やDNAの影響もあるんでしょう。」

性的ないたずらをされたと言っても、彼らは喜んでマイケルの所に行ったんでしょう。それに(元少年達は)結婚して子ども達もいる。だから死ぬほどの事じゃなかったのよ。

「元少年達も気の毒だし、マイケルも気の毒だわ。責めるとしたら、元少年達の親なのよ。子ども達がマイケルと寝ることを許したんだもの。」

この発言につき、その後バーブラはインスタグラムにメッセージをアップ。このように謝罪・釈明している。

「より注意深く言葉を選ばなかったことで誤解や苦痛を招いてしまったことにつき、謝罪します。」

「少年たちのトラウマを軽視するつもりはなかったのです。彼らは生涯心の傷を抱えて生きねばならないのですから。(私の発言を)深く後悔しています。真実を語ったジェームズさんとウェイドさんを私が心から尊敬していると、お二人が知っている事を願います。」

今度はマイケルが少年達に虐待を加えたにちがいなく非は全てマイケルにあるとの見解を表明し、マイケルのファンや家族・関係者を完全に敵に回してしまったバーブラ。マイケルとは特別親しかったわけではなく、バーブラ曰く「何度か会った程度」だという。真実が分からぬ以上、どちらかを完全に信じるといった発言は控えたほうが賢明だったかもしれない。



参照:『toofab』Barbra Streisand Apologizes for Controversial Remarks About Michael Jackson’s ‘Leaving Neverland’ Accusers (Updated)

画像:
1枚目『Instagram』barbrastreisand
2枚目『Instagram』michaeljackson

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
バーブラ・ストライサンド、M・ジャクソンの性的虐待は「事実だと信じる」「子を預けた親が悪い」
故マイケル・ジャクソン 長女パリスが再び自殺未遂か
マイケル・ジャクソンのアルバムが再び大ヒット 性的虐待ドキュメンタリーの影響大
元子役 M・ジャクソンの性的虐待疑惑に焦点あてるドキュメンタリーをみて「もう擁護は無理」
歌手アーロン・カーター 「マイケルの性的虐待被害者」と主張する人物に激怒