ビーガンYouTuber、魚料理を食べたとみられる動画流出で謝罪も批判の嵐

この記事をシェアする
「実は魚を食べていました。」
「実は魚を食べていました。」

ビーガンであることを全面にだし多くのファンを獲得した美人YouTuber、ヨヴァナさん(Yovana Mendoza Ayres)。そんな彼女が魚料理を注文して食べていたとされる動画が流出、ビーガンダイエットに関するeBookなどでお金を稼いでいたこともあり、多くのファンが「詐欺師!」と怒りをあらわにしている。



ビーガンYouTuberとして大変な人気を博し、それをお金儲けの手段にしていたヨヴァナさん。そんな彼女がある動画に映りこみ流出したが、その中で慌てた様子で目の前の皿にある魚料理を腕で隠していたため多くのファンが驚き激怒した。

それを受け、ヨヴァナさんは早速長い動画をYouTubeにアップ。「騙されたと感じた人には謝ります」と語り、以下の理由でビーガンをやめたと明かした。

■ 実は2か月前から健康上の理由で卵と魚を食事に取り入れるようになった
■ 20代ながら月経が止まり、閉経周辺期の状態だと診断された
■ 貧血状態になりかけている

しかしこの2か月の間にもヨヴァナさんはビーガンチャレンジ動画を公開していたといい、ファンからは「とんでもない詐欺ではないか」「体調を崩すようなダイエットを勧め金儲けをしていたとは悪質にもほどがある」という怒りの声が噴出、「魚は生きもので食べ物じゃない」というビーガン推進派の声もあがり、ネットが大炎上中だ。

ちなみにビーガンは卵も魚も当然食べないため、「ビーガンダイエットで痩せましょう」という趣旨のビデオを次々とアップしてきた彼女に対する信用は当然ながら失墜。今後どのように活動を展開するのかなどは不明である。



参照:『METRO』Vegan YouTuber Rawvana apologises after being caught eating fish as viewers brand it an ‘excuse’

画像:『Instagram』rawvana

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<動画>超激ヤセYouTuberに死亡説 否定するも「SNSは休み治療を受けます」
<動画>人気YouTubeスター 児童ポルノ法違反で最低5年服役へ?
ジャスティン・ビーバー、15歳のYouTuberに「車、燃やしちまえ」とコメントし釈明
難病「嚢胞性線維症(CF症)」と闘った21年 人々をインスパイアし続けた米女性YouTuberが死亡
有名YouTuber、親切なウェイトレスに出会い1万ドルのチップ ペイ・フォワードの精神を託す!