ヘイリー・ボールドウィン 「ジャスティン・ビーバーのファンは独占欲が強い」

この記事をシェアする
ヘイリーの本音が炸裂。
ヘイリーの本音が炸裂。

精神的にとても不安定な夫ジャスティン・ビーバー(25)を、時折困惑した様子をみせながらも懸命に支えているモデルのヘイリー・ボールドウィン(22)。そのヘイリーがこのほど人気誌の取材に応じ、ジャスティンのファンに苛立つことがあると明かした。



このほどヘイリー・ボールドウィンが『Cosmopolitan』の取材に応じ、以下のように現在の胸中を明かした。

「人がしくじる姿を見たい - どういうワケか、本当にそう望んでいる人達がいるのよ。」
「『だから言ったじゃん』って言いたいからかしらね? 自分達が正しかったんだと思いたいのかも。他人の人間関係をダメにしてやりたい…もしくは誰かを中傷したい…なぜそんな風に思うのか、私には本当に分からないわ。」
「世間って邪悪よね。思いやりの心がダメになってしまっているのよ。」

またヘイリーはジャスティンのファンにも言及、このように語っている。

「子供って、すごい独占欲に支配されるようになってしまうの。それも問題だわ。そういう子達って、好きな相手が傷ついていると思うと自分達が傷ついたと思い込んでしまうの。有名人を自分達も(直接)知っている気になるんでしょうね。有名人の生活は、世間に晒されているんだもの。」

またファンの一部は勝手な思い込みをしているともヘイリーは述べ、SNSに書きこまれるコメントも読むのを止めているという。今回のインタビューで、一部メディア、そしてジャスティンを心底心配しているファンの多くにまたしても反感を持たれてしまったに違いないヘイリー。「セレーナ・ゴメスのほうが良かった」という声がようやく減っていたものの、これでまたしてもアンチが増えてしまったかもしれない。



参照:『E!News』Why Hailey Baldwin Says She Is ‟Frustrated” by Justin Bieber’s ‟Possessive” Fans

画像:『Instagram』justinbieber

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジャスティン・ビーバー、4度目の挙式延期か 「妻が離婚弁護士に相談した」という報道も
鬱闘病のジャスティン・ビーバー 妻曰く「メンタルヘルスは何より大事」
ジャスティン・ビーバー 「俺は苦悩してる。祈ってほしい」とファンにメッセージ
セレーナ・ゴメス復調も、ジャスティン・ビーバーはセラピーを受け涙目に…
ジャスティン・ビーバー、先月は車内で震え? 今月はクリニック通いも…