ベッカム家の息子達に葛藤 父デヴィッドと同じサッカーの道に進まず罪悪感も

この記事をシェアする
子ども達なりにずいぶん気をつかった時期も…。
子ども達なりにずいぶん気をつかった時期も…。

サッカー界で長く活躍を続けたデヴィッド・ベッカムには、息子が3人と娘が1人。子ども達、とりわけ息子達には同じ道に進み活躍して欲しいとずいぶん期待し練習もさせていたのだが、長男(20)は写真家デビューを果たしアメリカの学校に。次男(16)は母ヴィクトリアの影響でファッションモデルとしてデビュー済みで、三男(14)は音楽にはまりクリスマスソングをリリースしたことも記憶に新しい。



そんな息子達につきヴィクトリア・ベッカムが『Financial Times』のインタビューで話題にし、このように語った。

「息子達は、全員アーセナルと契約を交わすほどサッカーを頑張っていたの。でもまず長男のブルックリンが『もうサッカーは嫌だ』と言いだしたのよ。その後次男のロメオも嫌だと言いだした。ある日、お風呂の中で動揺した様子でこう言ったのを覚えているの。『パパをガッカリさせるのは嫌』って。だから息子にこう伝えたのよ。パパの望みはあなたが幸せになることなのよって。今では毎日テニスをしているわ。」

過去にデヴィッド本人も「息子達の決断を知り胸が張り裂けるような思いがした」と語っていたが、今は末っ子ハーパーちゃん(7)が女子サッカー界で活躍することを期待しているようだ。

「そうなんだ。ハーパーは毎週日曜にサッカーの練習をしていて、楽しんでいるからね。息子達はもうサッカーはしない。これは辛いね…。才能はあるというのに。」

いずれハーパーちゃんも自分の進むべき道につき考えるようになるだろうが、それがいつまでもサッカーであることをデヴィッドは期待しているようだ。兄たちがサッカーをやめたぶん「余計に期待されている」と薄々気づいているであろうハーパーちゃんも、ちょっと気が重い…? 



参照:『FEMALE FIRST』David Beckham’s kids feared letting their dad down

画像:『Instagram』davidbeckham

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
デヴィッド・ベッカム、片づけが苦手な妻ヴィクトリアのせいで時々パニック発作
ヴィクトリア・ベッカム、夫デヴィッドと温度差? 離婚の噂に言及
デヴィッド・ベッカム認める 「ヴィクトリアとの結婚生活も大変なんだよ」
ベッカム家の末っ子ハーパーちゃん、お兄ちゃんのランチに添えたメッセージが激カワ
ベッカム長男の元恋人クロエ・グレース・モレッツ、今度は女性モデルと熱愛か?

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan