タイ警察「デブはだめ」 太っちょ警察官を減量キャンプに送り込む

この記事をシェアする
ああ、これで犯人を追いかけられるのか…
ああ、これで犯人を追いかけられるのか…

油で揚げたり炒めたりという料理が多いせいか、東南アジアではお腹が飛び出た肥満の警察官を見かけることが確かに多いように感じる。このほどタイ警察のある訓練センターに、全国各地の太っちょ警察官が多数集められた。そこは大幅な減量を目指すためのキャンプだそうだ。



キャンプは、バンコクの北東に位置するナコーンラーチャシーマー県パクチョング郡の「中央警察訓練センター」に設けられたもので、ミッションの名は「Belly Destruction(デブった腹部を破壊せよ)」。ここに送り込まれた見るからに肥満体の約200名は、「そのぶよぶよとした醜い腹部を何としても引っ込めて戻ってこい」と言われ、タイ各地の警察署から送り出された現役警察官たちであった。

彼らがそのキャンプに収容されるのは2週間。タンパク質に富んだ健康的な食事を摂りながら、ダイエットと運動の組み合わせで大幅な減量と体型の引き締めを図る。このキャンプは定期的に開催されており、各地の警察署が太っちょ警察官を2〜3人ずつに分けて送り込むことができるという。

ちなみに、ここに参加する前に200kgもの体重があった警察官は、最終日には140kgと60kgもの減量に成功したとのこと。80 kg前後の者でも最大で20 kg体重を落とすなど、ほとんどの者が素晴らしい効果を実感し、その証明書を手に晴れ晴れとした気分で自分の所属する署に戻っていくそうだ。

走っても遅い、食後はうたたね寝が必要、動きが鈍い、膝や腰に痛みがあるなど肥満の人々は健康に多くの問題を抱えていることがある。警察官は犯罪者を検挙する任務を負っている以上、そういう状況では働くうえで支障になる。

タイ警察は今、こうした職員にはっきりと「あなたは警察官として適任ではない」と告げる時代になっているため、本人にも「このままではいけない」という自覚や緊張感があるようだ。



参照および画像引用:『Khaosod English』OBESE COPS SENT TO FAT BOOT CAMP FOR ‘BELLY DESTRUCTION’(Photo:Love Police/Facebook)

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<動画>超激ヤセYouTuberに死亡説 否定するも「SNSは休み治療を受けます」
シンディ・クロフォードの長女 衝撃的な激ヤセ進行で摂食障害を心配する声も
マジック・ジョンソンの息子、ゲイ告白後に肥満を解消すべく手術を受けスレンダーに
痩せゆくセリーヌ・ディオン 細すぎるという声に「ほっといてよ!」
ジャネット・ジャクソン 産後32キロ近く落とし美ボディをゲット