撮影のため構えた携帯電話にクロスボウの矢が突き刺さる 豪男性が命拾い 

この記事をシェアする
「携帯電話が命を救ってくれた」と男性
「携帯電話が命を救ってくれた」と男性

このほどオーストラリア東部のある町で、男性が見知らぬ男からクロスボウで攻撃されるという事件が起きた。鋭い矢で射抜かれたら命はあるまい。そんな中で奇跡が起きた。携帯電話が彼の命を救ったという。



事件が起きたのは、ゴールドコーストの南に位置する豪ニューサウスウェールズ州のニンビンという田舎町で13日のこと。州警察の発表によると、クロスボウの矢を放たれたのは43歳の男性(それ以上の情報は明らかにされず)で、車で帰宅したところ自宅前に見知らぬ男が立っており、手にはクロスボウを持っていた。

近い距離から男性の顔面に向けてクロスボウを構えた男。しかし男性の携帯電話がその矢を食い止めた。暴漢の様子を撮影しようと顔の前に携帯電話を構えた瞬間に奇跡が起きたのだ。突き抜けた部分により顎にわずかな擦過傷を負ったが、男性は「まったく治療は不要です」と話しているという。

この事件では殺人未遂の容疑で39歳の男が逮捕されており、予備審問のため28日には法廷に出頭する予定だ。アメリカでも5年に1度くらいの割合で、胸ポケットの携帯電話が銃弾を止めてくれたおかげで命拾いという事例が伝えられており、携帯電話の頑丈さもその都度話題になっている。



参照および画像引用:『FOX NEWS』Australian man blocks bow and arrow attack with his phone: police(Photo:NSW Police Force)

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「フラッシュ」でバレた! スカートの女性はこういう場所での盗撮行為に要注意
<露>墓参りの人々ただビックリ 「故人の宝物はスマホ」とiPhone型の大きなお墓
<中国>母親はスマホに夢中 プールで1歳児が溺れ意識不明の重体に
ミランダ・カーも“キリンの赤ちゃんポーズ” これでインスタ映えする美ボディに
バリ島「アヤナリゾート&スパ・バリ」携帯電話の使用禁止へ プールエリアで9~17時まで!