<動画>超勇敢なパパ、燃え盛る炎から愛犬を救出! 消防士が立ち尽くすなか

この記事をシェアする
さすが飼い主ワンちゃんを無事救出
さすが飼い主ワンちゃんを無事救出

米カリフォルニア州では今、飼い犬のためなら自分の命すら惜しくない、それを見事にやってのけた勇敢な男性の話題でもちきりだ。燃え盛る炎に包まれた自宅に飛び込んだ男性は、愛犬をバスルームで発見。消防士がまったく手を出せない状況での救出劇であった。



サンバーナーディーノとサンディエゴのちょうど中間に位置するカリフォルニア州のパラ(Pala)。そこでこのたび民家から火災が発生した。大きな炎に包まれたのは建設・造園業を営むホセ・ガズマン(Jose Guzman)さんの自宅で、ほぼ全焼という被害であった。

現場に消防車が駆け付け、家の正面には放水のため何人もの消防隊員が立ち、焼け出された家人や近隣住民は離れるよう指示されていた。多くの人々がその様子を録画していた中で愛犬救出の決定的瞬間が捉えられ、インスタグラムに投稿された途端に大きな話題になったという。

ホセさんは消防士がよそ見をしている間に自分の家に入り込もうとした。「危ないからダメだ」と制止されるが、「どうしても愛犬を探さなければ」と誰も止められないほどの気迫を見せ、燃え盛る炎に飛び込んでしまった。ただ立ち尽くしている数名の消防士に、後方からは「誰か彼を助けてやれよ!」という怒鳴り声にも似た大きな声が浴びせられている。

動けずにただ見守る消防士たち。すると2歳半の愛犬、メスのガッバナ(Gabbana)を連れたホセさんが笑顔を輝かせて炎から逃げ出してきた。ガッバナは唯一炎が及ばないバスルームに身をかがめていたそうだ。その時、ホセさんの体内には噴出したアドレナリンで150%、いや200%のパワーがみなぎっていたのであろう。顔と腕に少し火傷を負ったが、ガッバナを救出できたことが嬉しくて、その痛みにはまったく気づかなかったそうだ。

妻と3人の娘と暮らしていた自宅、そして家財道具と仕事の道具すべてを失ってしまったホセさん。「それでも僕には大切な家族とその愛情があります。ガッバナも家族の一員です。全員無事だったことに心から感謝しています」というホセさんだが、周囲も彼らの今後をとても心配しており、クラウドファンディングの『GoFundMe』にページが開設され、ガズマン一家への善意の寄付が広く呼び掛けられている。



参照:『KUSI NEWS』Pala man saves dog from burning house

画像および動画:『Instagram』kusinews

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
エジプト・カイロの「ラムセス駅」で大火災 列車爆発で死傷者も
バリ島スミニャック地区の有名ブティック「Magali Pascal」が火災で全焼
多数の客を載せた「香港観覧車」が故障し救出に50分間 完成4年でシリンダー故障
<ポルトガル>限りなく漆黒の塗料“Vantablack” 「穴に見えなかった」60歳男性が転落
<中国>観覧車に1人で乗った5歳男児、窓から滑り落ちあわや転落も

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan