52歳で死去した『ビバヒル』ディランことルーク・ペリー 夏に再婚予定だった

この記事をシェアする
ドラマでディランを演じていた頃のルーク(中央)。
ドラマでディランを演じていた頃のルーク(中央)。

2月末に重度の脳卒中で倒れ、自宅から病院に救急搬送されるも回復することなく息を引き取ったルーク・ペリー(享年52)。彼の最期の瞬間にルークの元妻や子ども達らと立ち会った婚約者は、ルークの死後に「共に過ごした年月は最高でした」「一緒にいられたことに感謝しています」とコメントしている。



ルーク・ペリーの婚約者ウェンディさん(Wendy Madison Bauer)は、今年の夏にもルークと結婚する予定だったとのこと。8月17日に式を挙げる準備を進めていたらしく、「この日はあけておいてください」と印字したカードもゲストに送付済みだったようだ。

52歳で他界したルーク(左端)。
52歳で他界したルーク(左端)。

『TMZ』が入手したカードには「フォーマルな招待状を追って送付いたします」と書かれており、これから式につき細かい点まで話し合う予定だった可能性が高い。

またウェンディさんは11年半ものあいだルークと順調に交際していたといい、元妻や元妻が産んだ子ども達との関係も悪くはなかったようだ。そのウェンディさん、そして家族は突然の出来事に大変なショックを受けているといい、特にまだ10代の娘はひどく動揺している様子だという。



参照:『TMZ』Luke Perry’s Wedding with Fiancee Was Set for Summer

画像:『Instagram』ianziering

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<動画>『ビバヒル』故ルーク・ペリーにソックリな息子、レスラーとして活躍中 華麗な技も!
『ビバヒル』“ディラン”ルーク・ペリー最後の日々 生命維持装置を外す辛い決断も
『ビバヒル』ブレンダ役女優、ディラン役俳優の死に大打撃 業界から心配の声も
『ビバヒル』“ケリー”ジェニー・ガース ディラン役俳優の死後追悼メッセージなく反発される
元祖『ビバヒル』ディランことルーク・ペリー 52歳で帰らぬ人に

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan