チャン・ツィイーにも世俗的な悩み バツ2子持ちとの結婚で継子も育てる日々 

この記事をシェアする
2人が幸せならそれでいいじゃない…!?
2人が幸せならそれでいいじゃない…!?

中国の人気女優のなかで、世界で最も有名であろうチャン・ツィイー(章子怡)。彼女は今、バツ2子持ち男と中国で結婚生活を送っている。子供にも恵まれ幸せそうだが、実はどこにでもあるような“世俗的な苦労”というものを経験していたようだ。



以前はハリウッドで映画製作会社を経営する大富豪に見初められ、ロサンゼルスの豪邸で夢のような贅沢な暮らしを手に入れていたチャン・ツィイーもすでに40歳。ベルリン国際映画祭、ゴールデングローブ賞、アカデミー賞など国際的な舞台でのノミネートや受賞歴も持つ彼女は、趙薇(ヴィッキー・チャオ)、徐静蕾(シュー・ジンレイ)、周迅(ジョウ・シュン)と並ぶ中国の女優四傑のひとりである。

そんなツィイーは2015年2月、中国のロックミュージシャンであるワン・フォン(汪峰)と結ばれ、女の子をさずかった。フォンは歌手を発掘するオーディション番組『The Voice Of China』のコーチすら務める実力派だが、実はバツ2。元恋人ガ・ホエジェさんとは実際は結婚していないが娘が1人いる。彼女は「離婚して子どももいるようなフォンと同棲するようになり17歳で妊娠。ところが彼の夜遊びが始まり、出産後に破局しました」と漏らして世間を驚かせていた。

それでもツィイーは2017年9月、微博(ウェイボー)で1歳8か月の娘シンシン(醒醒)ちゃんを囲んだ幸せそうな家族写真を公開。女性にだらしない男だったフォンも、誠実な家庭人に変貌したような雰囲気だ。ところがそこには11歳の少女の姿も。彼女は元恋人ホエジェさんが産んだ子だが、夫妻が「今は4人家族」と謳っているところを見ると、フォンは男としての責任を取る形で娘を引き取り、継母のツィイーが育てているということなのだろう。

しかし、彼女の両親がこれに良い顔をするわけはなかった。このほどツィイーは新しく出演が決まったドラマ『Viva La Romance” (妻子的浪漫旅行)』についてインタビューを受けるなか、違う2人の女性との間にそれぞれ娘がいるバツ2のフォンとの結婚を両親が猛反対し、両者の間にはさまれて非常に苦労したことを吐露した。「両親と一緒の時にフォンの名は禁句。そんな緊張した関係がずっと続きました」というのだ。

結婚後の夫妻はある超高級マンションに暮らすようになったが、上の階にはツィイーの両親も暮らしていた。結婚に猛反対、フォンは嫌いとはっきりと言う両親とエレベーターで鉢合わせになり、視線に火花が散ったこともある。そのうちフォンも「君のお母さんは僕をまったく無視している。名前すら呼んでくれない」とこぼすようになり、ツィイーも夫の味方をするように。今の彼女にとっては両親より夫とわが子が最優先だそうだ。

あれこれ過去を持つ男と結ばれようとしている娘に、人生の先輩として苦言を呈する両親。反対されればされるほど愛は燃え上がり、決意も固く結婚に向け突っ走る。子も授かり幸せをかみしめると、娘は完全に夫の味方をするようになる。しかしその結婚が本当に正解だったのか、女遊びは完全に卒業したのか結論はまだ出ていない ― これは世の中のどこにでも転がっているタイプの悩みではないだろうか。ツィイーもそんなものを抱えていたとはちょっと驚きである。



参照および画像引用:『Asia One』Actress Zhang Ziyi reveals parents disapproved of her husband as he’s divorced with kids(Photo:Mediacorp)

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
近づいてはならない魔の孤島でまさかの布教活動 北センティネル島の部族が米青年を殺害
拒食症女性に名医が「あんたは歩くガイコツ。ホラー映画に出なさい」と言い放った深い訳
優秀な1人息子が事故で脳死 「せめて孫を」と米両親が精子の摘出保存を裁判所に請願
「なぜ僕を生んだ!? 本人の了承も得ずに」インドの20代男性が両親を訴える 共感する若者たち
「なぜ拒む」痴話喧嘩の末に87歳ロシア人俳優が27歳妻に離婚請求

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan