女優セルマ・ブレア46歳、多発性硬化症で杖が必要に 発声障がいも

この記事をシェアする
今は服を着ることも困難に…。
今は服を着ることも困難に…。

映画『クルーエル・インテンションズ』『キューティ・ブロンド』で知られる女優セルマ・ブレア(46)が、多発性硬化症と闘っている。現在は杖を用いてどうにか歩いているがすでに発声障がいもあり、服を着ることも困難な状態だという。



長いあいだ体調に異変を感じていたものの、昨年になりようやく多発性硬化症であると診断されたというセルマ・ブレア。そのセルマが過去に撮影したというこの美しい写真をインスタグラムにて公開し、長いメッセージをアップ。以下の文章をそこに含めている。

「マイアミの美しい夏の夜だった。すでに症状は出ていたけれど、自分に何が起きているのか分からなかったわ。でも愛する友人と、屋外で素晴らしいディナーをいただいたの。私たちにあるのは、今という瞬間だけ。この瞬間もすぐに過去になるのよ。」

「このテーブルの下にある脚は感覚がなかった。起きていることもできなかった。右手で自分の口を探る事もできなくなっていたの。でも幸せだった。」

「息子がとなりで眠っていて、彼の寝息が聞こえます。優しい子の寝息。元気いっぱいに目覚める幼い息子。息子の隣で丸まって横になることにします。これぞ素晴らしい人生が私にもたらしてくれるものだから。今。私が愛する今という瞬間。では…お休みなさい。」

ちなみにセルマの病名が分かったのは昨年夏だが、セルマは「この病気にかかり15年ほど経過しているはず」と推測しているのだそう。病院には行っていたものの、医師は「疲れているんでしょう」と言うばかりだったという。息子(7)も母セルマが死んでしまうのではないかと心配したというが、今ではセルマが何もできず横になっていても「仕方がない」と理解できるように - そんな息子のおかげで、セルマにも罪悪感はなくなったという。セルマは息子の父親とは結婚せぬまま破局しており、シングルマザーとして頑張るかたわら、仕事にも取り組んでいる。



参照および画像引用:『Instagram』selmablair

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
マイケル・J・フォックス 脊髄の手術を受けるも回復後に腕を骨折
<動画>アヴリル・ラヴィーン 死を意識した闘病生活から学んだ「大切な事」
ジャスティン・ビーバー、新婚生活は順調も「鬱治療が最優先」 式は状態の安定後?
セレーナ・ゴメス、腎臓移植後のトラブルを克服 結婚が近い友人らと笑顔!
シンディ・クロフォードの長女 衝撃的な激ヤセ進行で摂食障害を心配する声も

@etcetera_japan