ネイマール選手プロデビュー10周年おめでとう 感慨深い気持ちを綴る

この記事をシェアする
ネイマール輝かしい10年の軌跡を振り返る
ネイマール輝かしい10年の軌跡を振り返る

イケメンサッカー選手と聞いて、フランスはパリ・サンジェルマンFC所属のネイマール選手を頭に思い浮かべる方も多いのではないだろうか。日本でもファンが多く、世界屈指の優秀なプレーヤーの1人 ― そんなネイマール選手が先日プロデビュー10周年を迎え、その心境をインスタグラムに投稿して話題になっている。普段は母国語であるポルトガル語、あるいはスペイン語の投稿が多いネイマール選手だが、今回はポルトガル語に続き英文でも綴っており、世界のファンに思いを伝えたいという気持ちがうかがえる。



「全てはこの写真の瞬間から始まった。大きな夢を抱き、それを早く叶えたかった少年がいる。この10年間で僕は勝ち、失敗し、負け、そしてまた失敗をした。それでも挑戦し、ミスをし、何度でも悔しい思いをする、その中でたくさんのことを学んだ。」

10年前、デビューしたてのネイマール選手
10年前、デビューしたてのネイマール選手

「これがアスリートとしての僕の人生、辛抱強く堪えるのみ…失敗することを恐れることなく、もし失敗したとしてもまた努力する…人生でもピッチでも僕はいつもそんな感じ、残念だけれどそれが僕という人間なんだ。そのプレースタイルは僕そのものなんだよ。」

「この10年で僕はたくさんのことを成し遂げた。その成果と勝利は生涯の宝物になる。同じくらい負ける事も経験したけれど、それから学び続けているんだ。神様、僕に才能とサッカーをする喜びを与えてくれてありがとう。僕は”ボール”と付くものなら何でも大好きさ。10年の年月が過ぎたけれど僕はいまだに夢を抱いているし、どんなことでもひたむきに頑張る。例え不可能なことでもね。“大胆不敵”っていうのが僕のあだ名だよ、内緒だけどね(内緒の絵文字)。」

…と最後には冗談も交え、心境をうまくまとめたネイマール選手。優秀な選手ほど時には世間からバッシングを受けブーイングを浴び、さらにはイケメンであるが故にパパラッチから追いかけ回される日々を送っており、トッププレーヤーにのし上がった今もなお平坦な日々ではないのだろう。

このメッセージの中には少年期に大きな夢を抱くことの素晴らしさ、失敗してもまた挑戦し、努力することの大切さが込められている。現在27歳と一般的には「選手生命の折り返し地点を過ぎた」といわれてしまうネイマール選手だが、10年後のさらなる姿や活躍がとても楽しみ。これからも変わらず応援していきたい。



画像:『Instagram』neymarjr

(佐藤めぐみ/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
独「サッカー・ブンデスリーガ」に大注目 選手や監督がイケメンすぎる!
インスタでウィル・スミスと本田圭佑の豪華共演が話題に! 共同チャリティーで
C・ロナウドの「子だくさんで幸せ」インスタ写真 モチベーションは幸福度がカギ?
クリスティアーノ・ロナウド、古巣M・ユナイテッドに勝利 彼らの「おかえり!」インスタにも感動
デヴィッド・ベッカム&ハーパーちゃんの「チュ~ッ!」写真にママたち賛否両論!

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan