天才か変態か R.ケリーのセックスカルト騒動が最悪すぎる

この記事をシェアする
インタビュー中に興奮し立ち上がったR.ケリー。
インタビュー中に興奮し立ち上がったR.ケリー。

かねてより、「未成年の女性達を相手にとんでもない行為にふけっている」と何度か報じられ物議を醸したR.ケリー(52)。そんな彼につき2017年には女性達の両親が「セックスカルトを率いている」と主張、それに続き疑惑に迫るドキュメンタリーまで制作され、R.ケリーもいよいよ窮地に立たされた。



そんな彼が『CBS This Morning』のインタビューに応じるも、時には顔をゆがめて泣く、また時には立ち上がり激昂するなどし、まさにハチャメチャなインタビューに全米が驚いた。

ちなみにこのインタビューで、R.ケリーは「嘘八百にうんざりだ」とコメントし、女性達を監禁しているという噂を否定。さらに「俺のようなセレブに関してなら即嘘がつけるってことだ」「(未成年と)関係を持ったことは断じてない」と主張し、以下のように述べた。

「俺は暗殺されたようなもの。これじゃ生き埋め状態だ。」
「(女性たちを)監禁する必要なんてないじゃないか。」

またカメラに向かい「常識で考えろ。そんな主張は馬鹿げてる」と声を荒げ、「ブログだの俺に関する感情など忘れて考えてみてくれ」「もうやめてくれ」と言う始末。さらには「俺は自分の命を守ろうと闘っているんだ」と号泣し立ち上がり、インタビュアーを驚かせた。

激しく動揺したR.ケリー。
激しく動揺したR.ケリー。

それでも逃げ腰にならぬインタビュアーは「あなたは被害者を演じているように聞こえます」とバッサリ。「感情的になってすみません」「話ができるのはこれが初めてなので」と釈明するも、あまりにも動揺したため途中で関係者がなだめに入り、インタビューもいったん中止せねばならなかったという。

またこれまでに多くの女性達が「シャワーを浴びること、食事をすること、トイレに行くこともR.ケリーの許可がなくてはできなかった」と主張しているが、本人は「俺は人をコントロールするような男じゃない」と否定している。

ちなみにR.ケリーは元妻に支払うべき養育費が滞り数日前に拘束されていたが、後援者の支援もあってお金をかき集めることに成功。その後に釈放されたと『TMZ』は報じている。グラミー賞を獲得したこともある天才肌である彼は、変態なのか病んでいるのか - しかし今も彼を支持するファンはおり、署を後にした彼に「私の手に触れて!」と声を上げたファンもいたという。



参照:『TMZ』R. Kelly Released From Jail After Paying Child Support

画像:『Instagram』gayleking

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
マイケル・ジャクソンのアルバムが再び大ヒット 性的虐待ドキュメンタリーの影響大
元子役 M・ジャクソンの性的虐待疑惑に焦点あてるドキュメンタリーをみて「もう擁護は無理」
「弟マイケルの行為は許されない」26年前に非難していた姉ラトーヤ・ジャクソン
マイケル・ジャクソン長女、父を擁護 少年たちへの性的虐待疑惑再燃に反論
女優ベラ・ソーン 「虐待した相手を止めなかった自分に苛立つ」

@etcetera_japan