『ビバヒル』ディラン俳優の娘に衝撃 「父を亡くしどうしたらいいのか…」

この記事をシェアする
悲しみに暮れるルーク・ペリーの娘…。
悲しみに暮れるルーク・ペリーの娘…。

2月27日に自宅で重度の脳卒中を起こし病院に救急搬送されたものの、回復することなく3月4日に息を引き取ったルーク・ペリー(享年52)。これに『ビバリーヒルズ高校白書』などで共演した仲間達や関係者は大変なショックを受けているというが、家族、とりわけ子ども達が受けた衝撃は大きかったようだ。



ルーク・ペリーが元妻ともうけた2人の子のうち、娘ソフィーさん(2000年生まれ)はまだ10代 - まだまだ父親に甘えたかったことだろう。ルークが倒れたときマラウイにいたというソフィーさんは、インスタグラムにアップした父との2ショット写真に以下のように書き添えている。

「この1週間の間に多くの事が起きました。何もかもすごいスピードでね。」

「マラウイから戻り、どうにか家族に寄り添うことができました。」

「この24時間の間だけでも、すごく応援していただきました。数百もの心がこもったメッセージを頂いたのです。それぞれにお返事を差し上げることはできませんが、目を通しています。家族、そして私が前向きになれるよう応援してくださり、感謝しています。」

「この状況で今どうしたらいいのか、そして何を言えばいいのかもよく分かりません。」

そう書きこんだソフィーさんは、戸惑っているとしながらも「みなさんの愛情に感謝しています」とも付け加えている。

ちなみに『Us Weekly』によると、ルークが倒れたときソフィーさんはマラウイでボランティア活動に励んでいたとのこと。しかしソフィーさんは父が救急搬送されたとの知らせを受け急遽家に戻り、ルークが息を引き取る際にはソフィーさん、ソフィーさんの母と兄、ルークの婚約者らがそばに寄り添っていたという。生前ルークは子供を愛する良き父だっただけでなく、撮影現場では若いキャストらの相談役をつとめる優しい大先輩だったそうだ。



参照:『Us Weekly』Luke Perry’s Daughter Sophie Perry Speaks Out After His Death: ‘I’m Not Really Sure What to Say or Do’

参照および画像引用:『Instagram』lemonperry

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
『ビバヒル』ディランことルーク・ペリー 52歳で帰らぬ人に
『ビバヒル』ブレンダ役女優、ディラン役俳優の死に大打撃 業界から心配の声も
『ビバヒル』ディラン役俳優が脳卒中で倒れる 元共演者らがメッセージ
『ビバヒル』再始動をトリ・スペリングが認める オリジナルキャストも複数参加へ
シャナン・ドハーティー 乳がん闘病を経た今「前より良い女優になれた」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan