ブラッド・ピット、子どもを甘やかすアンジェリーナ・ジョリーの育児に不安も

この記事をシェアする
支え合い共に育児に励んだふたりだが…。
支え合い共に育児に励んだふたりだが…。

長い熱愛を経てブラッド・ピットと2014年に結婚したものの、関係は冷める一方で2016年には離婚を申請したアンジェリーナ・ジョリー。その後ふたりの関係は親権をめぐり泥沼化するもようやく協議はまとまったが、ブラッドには心配事が尽きないようだ。



6人の子ども達の親権に関する協議は終わったものの、まだ細かい点につき話し合いを続けており離婚成立に至っていないブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー。子ども達はほとんどの時間をアンジェリーナと過ごしているが、彼女の育児法にブラッドはやはり納得できないようだ。

ちなみにふたりが育児・教育・躾の面で衝突していたのは間違いないもよう。というのもアンジェリーナは基本的に子ども達には「No」と言わず、一方ブラッドは「ダメな事はダメ」というタイプ。よって最近では頻繁に子ども達をショッピングに連れ出し不要な物まで買い与えるアンジェリーナの様子に、眉をしかめているという。

「ブラッドは、子ども達を甘やかしすぎだと思っているんです。」
「離婚することになったため、アンジェリーナには罪悪感があるのではないかともね。だから過度に甘やかし、毎週末ショッピングに子ども達を引き連れて行くのだと思っているようです。」

「何でも買い与えられて当たり前」と思わせるのは良くないと考えているブラッドは、アンジェリーナにも「少し控え目にしてほしい」と懇願。しかしその要求にアンジェリーナが応じる様子はないという。「ならばブラッドが育児にもっと関われば良い」という声もあるが、それは本人が誰よりも望んでいること - しかし親権協議を経ても子ども達と過ごせる時間はあまり変わらなかったといい、今は家庭生活が恋しくてしかたがない様子だという。6人の子のパパから、突然独り暮らしになったブラッド - 今や育児に積極的に関われず、不満は大きいようだ。



参照:『METRO』Brad Pitt ‘fears Angelina Jolie is spoiling their kids’ as divorce rumbles on

画像:『Facebook』The Tourist

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ブラッド・ピット、前妻ジェニファー・アニストン50歳の誕生日パーティに出席か
アンジェリーナ・ジョリー育児を語る 「反骨心のある人になってほしい」
6日前に撮影された骨と皮のように痩せているアンジェリーナ・ジョリー
アンジェリーナ・ジョリー、政界に進出も視野に? 発言が話題に
アンジェリーナ・ジョリー&ブラピ、一緒の姿をキャッチされる 残るは資産の協議?

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan