元祖『ビバヒル』ディランことルーク・ペリー 52歳で帰らぬ人に

この記事をシェアする
ルーク・ペリー(右)、52歳で死去。
ルーク・ペリー(右)、52歳で死去。

青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書』『ビバリーヒルズ青春白書』でディラン・マッケイを演じ、日本でも高い人気を誇った俳優ルーク・ペリー。そのルークが脳卒中で倒れたとの報道を受け恋人役を演じた元共演者シャナン・ドハーティー(47)も「頑張ってほしい」とインスタグラムに書きこんでいたが、回復することなく逝去した。



『TMZ』の報道をまとめると、ルーク・ペリーが米カリフォルニア州バーバンクの病院(St. Joseph’s Hospital)にて息を引き取ったとのこと。元妻、元妻ともうけた子ども2人(ジャックさん・ソフィーさん)、婚約者、実母をはじめとする家族、親しい友人達が見守るなか旅立ったという。

2月27日に自宅で倒れたルークについては重度の脳卒中だと伝えられたが、自宅に救急救命士らが到着した際には反応があり話もできたという。しかし症状が悪化し、病院では医師団が懸命に治療にあたったものの脳に受けたダメージが大きすぎたもようだ。

最近ではドラマ『Riverdale』に出演していたほか、クエンティン・タランティーノ監督の新作映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題:Once Upon a Time in Hollywood)』への出演も話題になっていた。ルークのさらなる活躍に期待していた多くのファンからは、「悲しすぎる」という声が多くあがっている。



参照:『TMZ』Luke Perry Dead at 52, ‘Beverly Hills, 90210’ Star Didn’t Recover After Stroke

画像:『Instagram』theshando

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
元祖『ビバヒル』ディラン役俳優が脳卒中で倒れる 元共演者らがメッセージ
脳内出血で臨死体験もしたシャロン・ストーン 脳卒中『ビバヒル』俳優にエール
モードの帝王ことカール・ラガーフェルド氏が死去 85歳で帰らぬ人に
『大草原の小さな家』“オルソン夫人”キャサリン・マグレガーが93歳で死去 “ローラ”も追悼
スポンジ・ボブのクリエーター、57歳で死去 業界に激震

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan