脳内出血で臨死体験もしたシャロン・ストーン 脳卒中『ビバヒル』俳優にエール

この記事をシェアする
シャロン・ストーンがルークを応援!
シャロン・ストーンがルークを応援!

映画『氷の微笑』で知られる女優シャロン・ストーン(60)は、過去に脳内出血を起こすも完全復帰を果たし話題になった。そのシャロンが先日脳卒中を起こして救急搬送された元祖『ビバリーヒルズ高校白書』ディラン役で知られるルーク・ペリー(52)につき、「戻って来られるよう幸運を祈っているわ」とコメントした。



このほどシャロン・ストーンが『Extra』のインタビューに応じ、脳卒中で倒れ大変厳しい状態にあるとみられるルーク・ペリーへの思いをこう明かした。

「彼の幸運を祈っているの。ギリギリのところから戻ってくることは可能なの。最悪な状態からだって、戻って来られるのよ。私がはっきりと証言できるわ。」

ちなみにシャロンが脳内出血を起こしたのは、まだ40代の頃だったそう。「酷い脳卒中だったの」「脳の中で9日間も出血が起きていたわ」とも公表しているシャロンは不思議な経験をしたといい、過去にこう語っている。

「私は、死んだんだと思うの。白い光が見えて、それに向かって飛んでいったのよ。」
「すでに亡くなった、愛する人達の姿が見えたのも覚えているわ。」
ものすごいスピードで移動して…そして突然よ、私は再び自分の体のなかに飛び込んだの。」

「死なずにいられる可能性は5パーセント」と医師が家族・関係者らに伝えるほど症状が重かったというが、それでもシャロンは目覚め、回復までじっくり時間をかけた末に完全復帰を果たしている。ルークの回復を願い、乳がん克服が話題の『ビバヒル』共演者シャナン・ドハーティーらも応援メッセージをインスタグラムにアップしている。



参照:『Us Weekly』Sharon Stone Supports Luke Perry 17 Years After Her Stroke: ‘You Can Come All the Way Back’

画像:『Instagram』sharonstone

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
元祖『ビバヒル』ディラン役俳優が脳卒中で倒れる 元共演者らがメッセージ
ミランダ・カーもシャロン・ストーンも 臨死体験をしたセレブ達
シャナン・ドハーティー 乳がん闘病を経た今「前より良い女優になれた」
『ビバヒル』再始動をトリ・スペリングが認める オリジナルキャストも複数参加へ
シャナン・ドハーティー 乳がん乗り越え「子供が欲しいけれど命がもつか不安」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan