ジャスティン・ビーバー25歳に 治療が続くなか妻の献身ぶりと“新たな悩み”が話題に

この記事をシェアする
ジャスティンが25歳に!
ジャスティンが25歳に!

スポットライトを浴びながら思春期を過ごし、しばらくは荒れに荒れていたジャスティン・ビーバー。そんなジャスティンも、3月1日に25歳に。今は妻ヘイリー・ボールドウィンの支えと専門家の助けを得て精神面の安定をめざしているというが、大富豪ならではの不安も抱えているという。



ある情報筋が『Us Weekly』に寄せた情報によると、現在ジャスティン・ビーバーは鬱・不安症状・気持ちの浮き沈み・将来どうなるのかという懸念・人間不信といった心の問題に向き合っているのだそう。セラピーにもしっかり通っているといい、ヘイリー・ボールドウィンが回復に向けてのプロセスを見守り支えているという。

だが今のジャスティンは精神的に不安定なこともあって、婚前契約書を交わさなかったことをひどく気にしているのだそう。多くのセレブ達が婚前契約書を作成し財産などに関し同意してから結婚するが、この情報が正しければ、ジャスティンは何も決めることなく結婚の手続きを終えたということだ。

そんなジャスティンは周囲の人達に対しても「僕を利用しようとしているのでは?」と疑い、何人かの友達とは距離を置くようになってしまったとのこと。それでもヘイリーが一緒にいるため症状はずいぶん良くなっているというから、あとはジャスティンが癒され元気になる日をじっと待っていたい。長いあいだ、若くしてショービズの第一線で活躍してきたジャスティン - そのプレッシャーとストレスはどれほど大きかったことだろう。今年の誕生日はジャスティンにとり、そして彼を支えるヘイリーにとっても、穏やかでハッピーな日になりますように。



参照:『Us Weekly』Hailey Baldwin Has ‘Been So Supportive’ of Justin Bieber While He Seeks Therapy for Depression, Trust Issues

画像:『Instagram』justinbieber

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジャスティン・ビーバー、先月は車内で震え? 今月はクリニック通いも…
ジャスティン・ビーバー、セレーナの心身不調に打撃 ヘイリー・ボールドウィンは批判の的に…
セレーナ・ゴメスが病気と精神的問題に苦しむなか、ジャスティンは罪悪感に苛まれるように
ジャスティン・ビーバー激ヤセ “新妻”ヘイリーらとランチに行くもゲッソリ
ジャスティン・ビーバー 精神的不安定になり施設に入ったセレーナに深く同情

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan