54歳超高齢出産のS・スタローン元妻ブリジット・ニールセン 愛娘スクスク!

この記事をシェアする
おばあちゃんじゃない、ママよ!
おばあちゃんじゃない、ママよ!

シルヴェスター・スタローンの元妻で、デンマーク出身の女優ブリジット・ニールセン(55)が今あらためて人生の幸福感にひたっている。昨年6月、54歳という超高齢で出産していた5人目の赤ちゃんがとにかく可愛い盛りだという。



世界中の女性たちをびっくりさせた女優ブリジット・ニールセンの超高齢出産。女性ホルモン量を調節して子宮環境さえ整えれば、あとは体力・気力でどうにかなるものなのかと多くの女性たちに勇気と希望を与えたものだ。その後、4番目の夫と離婚した直後の40歳前後に卵子を凍結保存していたこと、そして人工授精においては何度めかのトライで奇跡の受精と受胎が確認され、心躍ったことを『PEOPLE』誌に告白していた。

5人目の子とあって育児はもう大ベテラン
5人目の子とあって育児はもう大ベテラン

誕生したのはブリジットにとっては初めての女の赤ちゃんで、フリーダちゃんと名付けられた。赤ちゃんのパパでブリジットの現在の夫は彼女より15歳年下でイタリア系のマッティア・デッシさん。結婚12周年めの快挙であった。なお、ブリジットはデンマーク語、英語のほかドイツ語、イタリア語も堪能である。

15歳年下の夫とこの仲の良さ!
15歳年下の夫とこの仲の良さ!

実はブリジットにはすでに4人の息子がいた。最初の夫となした長男はすでに30代、ほかの3人も20代である。その誰もが異父妹フリーダちゃんの誕生を心から喜び、代わる代わる抱っこして可愛がってくれる。そんな光景もまたブリジットにこの上ない幸せを感じさせてくれるといい、彼女のインスタグラムにはお兄ちゃんたちに可愛がられる小さなプリンセスの写真が多数アップされている。

最新医療が彼女の味方をしてくれて今の幸せがあるが、「どうしても女の子が欲しい」という夢まで叶ったことをブリジットは神に心から感謝している。彼女が赤ちゃんを抱いていると世間は「おばあちゃんみたい」と言うが、ブリジットはそんなことはまったく気にしていないそうだ。そんな彼女を見ていると、何歳だから~は諦める、何歳にもなって~なんて、といった言葉ほどつまらないものはないように感じられてくる。



参考:『Biography』Brigitte Nielsen

画像:『Instagram』realbrigittenielsen

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
リチャード・ギア69歳の妻が妊娠! ダライ・ラマの祝福を受け感動
今年出産したスタローン元妻55歳 「産後の減量? 2週間で元通りよ」
俳優リチャード・ギア、69歳でまたパパに セレブ界の高齢パパ&ママ達
パメラ・アンダーソン(51)体外授精に意欲 32歳サッカー選手と熱愛で「彼の子を」
エヴァ・ロンゴリア 妊娠・出産で激太りと叩かれるも「これで良い」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan