<動画>「ヴァン・ヘイレン」E・ヴァン・ヘイレンも舌癌を克服 口腔癌予防法は? 

この記事をシェアする
再発も乗り越えたエドワード。
再発も乗り越えたエドワード。

1983年にリリースされた「Jump」は、米「Billboard Hot 100」「Billboard Mainstream Rock」などの1位を獲得。今も多くの音楽ファンに愛されている名曲である。その楽曲を世に出したバンド「ヴァン・ヘイレン」の中でもひときわ高い人気を誇ったギタリストのエドワード・ヴァン・ヘイレン(64)は過去に舌癌と宣告され、舌の約3分の1を切除。ステージについては不明だが、その後に再発を報じられるも、治療を経て今も健在だ。



堀ちえみさん(52)の舌癌公表に続き大手術も終わり、今多くのファンの方々、関係者、そして誰よりもご家族の皆様が大変心配され1日も早いご回復を願っておられるはずだ。海外では俳優マイケル・ダグラス(74)がまずは咽喉癌ステージ4であると公表、後に実は舌癌であったと明かしている。マイケルは積極的に治療を受け回復し、今は再び第一線で活躍中だ。同じく俳優ヴァル・キルマー(59)は咽喉癌と診断され2年をかけ回復し、こちらもすでに仕事に復帰し『トップガン』続編への出演も報じられている

また音楽業界では「ヴァン・ヘイレン」エドワード・ヴァン・ヘイレンが2000年に癌宣告を受けて治療を開始。舌の3分の1を切除したあと何年も“キャンサーフリー”の状態を維持し、その後に癌の再発で悔しい思いをしたものの、再び克服した。エディにつき「手術に加え何度も治療を受けた」と伝えている『Joy Dental PINES』は、以下のような口腔癌予防法を提唱している。

■ 禁煙する
■ お酒を飲み過ぎない
■ 年に1度の歯科検診を受けると同時に、その際に口腔癌の疑いがある箇所がないか確認するよう併せて要求する。

また実際に異常を感じた際に何科に行くべきか分からないと困惑されている方も多いと聞くが、日本ではなるべく早急に口腔外科や耳鼻咽喉科などで診療することが良いとされているようだ。口内環境を整えておくこと、また普段から舌の状態を確認しておくよう提唱している専門家も多い。ちなみに様々な治療法があるというから、まずは定期健診、セルフチェックなどで早期発見につなげたい。堀さんの勇気ある癌公表後、舌だけでなくその他の部位に異常がないか徹底的に確認すべく「検診予約を入れる患者さんの数が増えている」とある医師は話している。



動画: VHTelevision『YouTube』Van Halen – Jump

参照:『Joy Dental PINES』Celebrities Who Have Had Oral Cancer

画像:『Instagram』eddievanhalen

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
堀ちえみさんもきっと復活へ ヴァル・キルマーやマイケル・ダグラスもがん克服
がんを克服したセレブ達 ~ マイケル・ダグラスが舌の癌を「喉頭癌」と公表した理由
シャナン・ドハーティー 乳がん闘病を経た今「前より良い女優になれた」
テイラー・スウィフト、がん闘病中の母親の最新写真をインスタグラムに
共に励まし合い小児がんと闘った女児4名、退院3年めの記念撮影は満面の笑み

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan