ドナルド・トランプ大統領につき、マイリー・サイラスが「クソ野郎」発言

この記事をシェアする
「え…!? 」
「え…!? 」

「大統領選に勝つことはないだろう」と多くの人々が“期待”したものの、支持派の勢いもあり結局はアメリカ大統領の座についたドナルド・トランプ氏。選挙戦中は同氏が国のトップになることは容認しがたいと多くのセレブ達が表明 - うちマイリー・サイラスは「もしトランプが大統領になったら引っ越してやる! 私は本気じゃないことは言わないわ!」とインスタグラムに書き込みもしたが、今もしっかりとアメリカで生活中だ。そのマイリーがこのほど人気誌の取材に応じ、移住宣言の真意を告白。さらに大統領を「クソ野郎」などと呼び、支持者からは反発の声も上がっている。



このほどマイリー・サイラスが『Vanity Fair』の取材に応じ様々な事柄につき思いを明かしているが、その中でドナルド・トランプ氏が大統領であることに絡め、このように激白している。

「そう、今じゃトランプが大統領ってワケよ。」
「彼が大統領になったら引っ越してやるって私が言っていたのは知っているでしょう。でもみんな同じよ、本気じゃないクソみたいなことを、アレコレ言ってたってこと。」

「ドナルド・トランプが大統領になったらアメリカ国外に移住する」と言っていたマイリー。
「ドナルド・トランプが大統領になったらアメリカ国外に移住する」と言っていたマイリー。

「だって、あの時は本当に思ったんだもん。(移住してやるといった過激な発言をすれば)多くの人が話を聞いてくれるかもしれないって。トランプの勝利がアメリカにとりいかに悪い事か、気付いてもらえるかもと思ったのよ。でも、そうはならなかった。」
「だけど私が引っ越して、何が変わるっていうの? 私は活動家としても誇りをもっているの。なのに人種差別主義者・性差別主義者・憎しみに満ちたクソ野郎の元にみんなを置いて逃げて、自分を誇りに思えるかって話よ。みんながどうにかやって行こうとしている中、さっさと去るなんてできないってこと。」

ちなみにこのマイリーの主張に対しては「でも本気じゃないことは言わないって自分で言ってたよね?」という声も多くあがっているもよう。しかし実際に当時は「トランプ大統領が誕生したら移住する」という人達が多く、国民はそれほど政治と国の未来につき考え激論を繰り広げていたのだ。今はすでに次の大統領選を見据え「次は政治の専門家が相応しい」という声も多くあがっているが、トランプ氏を支持する声も確かにある。



参照:『Vanity Fair』Miley Everlasting

画像:
1枚目『Instagram』realdonaldtrump
2枚目『Instagram』mileycyrus

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジャスティン夫妻&マイリー夫妻 ここまで違うゴールインまでの経緯と今
ロバート・デ・ニーロ 「ドナルド・トランプの役? ごめんだな」
マイリー・サイラス再び過激路線へ? 「ママに勧められてアレをまた始めたの」
ジョイ・ヴィラ グラミー賞のドレスでトランプ大統領支持を表明し物議
セレブ達も仰天のショービズ界の噂TOP 3 マイリー・サイラスは実は死んでいる?

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan