メーガン妃、王子抜きで渡米しベビーシャワー&ディナー満喫 批判噴出で大炎上

この記事をシェアする
妻抜きでせっせとチャリティに励むヘンリー王子。
妻抜きでせっせとチャリティに励むヘンリー王子。

今年春に第一子を出産予定のメーガン妃(37)が、ヘンリー王子(34)を英国に残し母国にひとっとび。ニューヨークにて友人らとベビーシャワーを楽しむというニュースを、海外メディアが大々的に伝えた。その際に妃との再会を果たした友人達のひとりが、テニス選手セリーナ・ウィリアムズ(37)だったという。



「おそらく開催しないだろう」と言われていたベビーシャワーに参加したとみられるメーガン妃のニューヨーク滞在の様子を、このほど『Page Six』が報じた。同サイトの報道によると、妃がニューヨークに到着したのは先週金曜日のこと。その妃を喜ばそうと友人達が集まりベビーシャワーを開催したが、同パーティの主催者は妃の親友で凄腕スタイリストとして知られるジェシカ・マルロニーさん(Jessica Mulroney)だったという。

その後、メーガン妃と非常に仲が良いセリーナ・ウィリアムズを含むご一行は、妃のボディガード軍団を引きつれラルフローレン直営の人気レストラン「THE POLO BAR」に向かい、そこで食事を楽しんだとのこと。この日はとても良い笑顔を撮られている妃だが、ケンジントン宮殿の公式インスタグラムには、妃に対する批判的なコメントが続々と書きこまれる事態に。その中には以下のようなコメントも含まれている。

「メーガン妃はメディアの注目を集めたいだけ。」
「そもそもホテルには出入り口がいくつもあるんだから、写真を撮られるのが嫌なら裏から出ることもできたでしょうに。」

また今回メーガン妃が利用したとされるホテルには、パパラッチがズラリ - これについても「不自然」「事前に自分で情報をリークし居場所を教えていたんじゃないの?」と邪推している人は決して少なくない。実際にパパラッチに見つかることなく移動している著名人は多く「そうすることは決して困難なことではない」と言われているが、今回の件に関しては真相は不明である。少し痩せたように見えるヘンリー王子も、なにかと騒動が絶えぬ事に苛立ち苦悩しているに違いない



参照:『Page Six』Meghan Markle heads to the Polo Bar during NYC trip

画像:『Instagram』theroyalfamily

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
メーガン妃がニューヨークへ 「目的はベビーシャワー」との報道に驚きの声も
ジョージ・クルーニー 「メーガン妃は故ダイアナ妃のよう…歴史は繰り返す」
メーガン妃の父がまた大暴走 妃から送られた手紙の内容を公表し、反論・釈明も
メーガン妃、出産ひかえお腹が大きく 「太っちょレディー」と呼ばれる映像にネット激震
メーガン妃「最初の夫との挙式でマリファナ配布」? 認めるメールがリークか

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan