メラニア夫人に関する興味深い事実10選 超豪華な花嫁衣裳から夫の浮気報道まで

この記事をシェアする
メラニア夫人ってどんな人?
メラニア夫人ってどんな人?

何度も「夫ドナルド・トランプが憎たらしい」という素振りを見せ、そのたびに「仮面夫婦だ」と報じられてきたメラニア夫人(48)。それでも離婚はせずファーストレディとして活動している夫人に関する意外な事実を、いくつかまとめてご紹介したい。



(1) 1970年4月26日生まれの元モデル
母親が子供服メーカーで働いていたため、5歳で同メーカーの服を着るモデル業をこなした。ちなみに工場で働く他のスタッフの子ども達も一緒にステージに立っていたというが、当時から目立つほど背が高く顔立ちも美しかった。その後大学にも通ったが1年で中退し、本格的なモデル活動を開始。イタリアのモデルエージェンシーと契約した経歴もある。

(2) 身長
180センチ。このDNAと夫ドナルド・トランプ氏(72歳、190センチ)のDNAを受け継いだ息子バロン君は、12歳にして父と同程度の身長になっている

(3) 名前
生まれた時につけられた名は、Melanija Knavs。しかしプロのモデルになった際にMelania Knaussに変更した。

(4) トランプ氏との恋愛
交際開始後に、実は一度破局。しかしその後わずか数か月で関係を修復した。

(5) トランプ氏との結婚
2005年にゴールインし、式にはなんとビル&ヒラリー・クリントン夫妻も出席した。この挙式で夫人が着用した豪華ドレスは20万ドルで、仕立てるのに実に1000時間以上を要したという。

(6) 夫に冷たくすると急上昇する人気
手をつなごうとするトランプ大統領の手を振り払うたび、アンチ・トランプ派のセレブ達がメラニア夫人を絶賛。このまま離婚すればアメリカの英雄になれるという声があがったこともある。

(7) 育児には熱心でも?
乳母を何人でも雇える経済力はあるが、自分の手でバロン君を育ててきたのだそう。しかしシェフ、アシスタントなどは雇っていたため、家事などにはあまり関わっていなかった可能性が高い。

(8) ひとりしか子供を産まなかったワケ
バロン君の世話、そしてトランプ氏の世話で手一杯だったほか「今のカタチで十分ハッピーなのよ」と述べたことがある。今はトランプ氏とは寝室も別と言われている。

(9)夫の浮気報道浮上に際してのコメント
「私は母であり大統領夫人なの」「(そんな噂より)もっと大事なことがあるのよ」と強気に発言し話題になった。

(10)若々しさの秘訣
十分な睡眠と肌の保湿を心がけ、たっぷり水を飲むようにしている。たまにカロリーゼロの炭酸水を飲むものの、基本的には水・水・そして水。食事をする際には、野菜と果物を多く摂取するようにしている。

ファーストフードが大好きな夫と、ヘルシーな食事が好きなメラニア夫人。性格から食生活に至るまであまり共通点はなく「相性は良くない」「夫婦仲は冷え切っている」と度々報じられているが、メラニア夫人本人曰く「私達は大丈夫」とのことである。



画像:『Instagram』flotus

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ドナルド・トランプ大統領の元浮気相手 「暴露本に、全部書いちゃう!」
トランプ大統領の息子、12歳にして身長190cmか
トランプ氏、大統領選出馬をインスパイアしたのは人気歌手へのライバル心?
メラニア夫人のファッションが話題に でも気にしている人は気付いた“容姿の異変”
メラニア夫人、トランプ大統領を庇う 好きなのか、嫌いなのか、ただの意地なのか!? 

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan